物理文化論と浅い哲学も???



カテゴリ:[ 趣味 ]


557件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[562] 「大切な事象とは」何か:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月22日(火)22時36分18秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇:「♪~あ~の~頬笑み~あの~優しさを~忘れてしまうなんて、私は信じない~だって歌う事~生きていく事~教えてくれたのは~あなただから~~さ~あ~ここへ~手~を~伸ばして~あなたは~少しだけ~疲れただけ~私の歌すべて~あなたにあげる~~♪」(「オフコースの歌」より)。「小田和正さん最高」です!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!



◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」




◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::「I want to all of you, so to speak," thank you".」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇◇◇◇:::::「Thank you all of you.」:::::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〔テーゼ〕:やはり、「事象の論拠」を人類が求めるに際しては、やはり、最も信頼がおける「座標軸」たり得る、分野としましては、やはり、「数学」や「物理学」が、「人類の知性」の「優位」に位置している「subject」であるという言及は、任意の範囲内においては、その「エビデンス」はあり得るのでは、ないでしょうか・・・!!!!!





(注):しかしながらも、いつの時にも、基本は、人生、日々、これ、「1+1+・・・」の加算計算の繰り返しの行為の継続性こそが、大切でしょう・・・・・!!!!!










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?




[561] 「数学」と「物理学」に論拠を求めて:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月21日(月)21時33分32秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:「おそらくは、「人類」が動物とは分け隔てられる要因は、人類には「知性」と「理性」があり、他方、単なる「アマゾン」のごとくな原始林の中に住む「動物」には「知性」や「理性」という要素が無い!という意味において「人類」と「動物」とは区分され得るのだと、私はその様に考えます!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!



◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」




◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::「I want to all of you, so to speak," thank you".」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇◇◇◇:::::「Thank you all of you.」:::::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〔テーゼ〕:やはり、「事象の論拠」を人類が求めるに際しては、やはり、最も信頼がおける「座標軸」たり得る、分野としましては、やはり、「数学」や「物理学」が、「人類の知性」の「優位」に位置している「subject」であるという言及は、任意の範囲内においては、その「エビデンス」はあり得るのでは、ないでしょうか・・・!!!!!










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?



[560] 「可聴範囲などについて」:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月21日(月)21時29分43秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:「おそらくは、「人類」が動物とは分け隔てられる要因は、人類には「知性」と「理性」があり、他方、単なる「アマゾン」のごとくな原始林の中に住む「動物」には「知性」や「理性」という要素が無い!という意味において「人類」と「動物」とは区分され得るのだと、私はその様に考えます!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!



◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」




◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::「I want to all of you, so to speak," thank you".」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇◇◇◇:::::「Thank you all of you.」:::::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〔テーゼ〕:やはり、「事象の論拠」を人類が求めるに際しては、やはり、最も信頼がおける「座標軸」たり得る、分野としましては、やはり、「数学」や「物理学」が、「人類の知性」の「優位」に位置している「subject」であるという言及は、任意の範囲内においては、その「エビデンス」はあり得るのでは、ないでしょうか・・・!!!!!










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?



[559] 「知性」と「理性」と「動物」と「人類」と:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月21日(月)21時24分34秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:「おそらくは、「人類」が動物とは分け隔てられる要因は、人類には「知性」と「理性」があり、他方、単なる「アマゾン」のごとくな原始林の中に住む「動物」には「知性」や「理性」という要素が無い!という意味において「人類」と「動物」とは区分され得るのだと、私はその様に考えます!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!



◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」




◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::「I want to all of you, so to speak," thank you".」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇◇◇◇:::::「Thank you all of you.」:::::










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?



[558] 「I believe Buddha.」:::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月21日(月)01時34分4秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:孫悟空という存在は、たとえ火の中水の中をも通り越してもその目標を見失う事はございません!(多少の遊びの時期はあったとしても)孫悟空の最終的に目指している前方の先には、やはり常にそこには「仏陀」という希少であり、稀有なる崇高な存在が(座標軸のごとくに)あるのです!起承転結と色々とはあれども、最終目標を忘れない様にすべきではないでしょうか!!!!



(注):「だんだんに、大人になってくる」ということは、どういう事かと(探して)考えますと、やはり、

「耐えられ得る範囲が大きくなってくる」ということだそうです!!!!!←(とある雑誌よりの引用です).


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::「I want to all of you, so to speak," thank you".」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇◇◇◇:::::「Thank you all of you.」:::::










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?



[557] 「what is famous, or what it means?」:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月19日(土)20時41分54秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!



◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」




◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::「I want to all of you, so to speak," thank you".」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇◇◇◇:::::「Thank you all of you.」:::::










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?



[556] 「数学」と「物理学」と(何らかの「意味」という事象)について:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月18日(金)23時48分20秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!



◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」




◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::「I want to all of you, so to speak," thank you".」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〔注〕:一般に、数学を(例えば)「哲学など」の「意味」を持ちますと、それは(意味を持った数式という意味において)、非常に「物理学」における「数式」へと見なされていく傾向性は、あり得ます!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?



[555] 「法律を守りましょう」:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月17日(木)22時43分27秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!



◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」




◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::「I want to all of you, so to speak," thank you".」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?



[554] 「有罪」or「無罪」by,「法律」:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月17日(木)06時37分1秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!



◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」




◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」


◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「テーゼ」:    『音がうるさい』⇒「騒音妨害」の要件について.[前提として]
                    ↓
・一般に「物事」(事象)について、その「事象」(出来事)が「罪」→「犯罪」のかかる科料に該当するかどうかの「判定」には、基本的に「法律」と「科学的データ」との2つの要素を合せ持つ2次の座標軸によって測定された基準を「根拠」として言及する必要性があります。
① :1つの例として音が音(縦波)として「人間の耳」に聞く事が出来る物理量には一定の範囲があります。今仮にこの範囲を、10[dB]~10000[dB]の「デシベル」幅の間の音が人間の耳に聞く事が出来る音の小さな音と大きな音の範囲とします。
②:ところが一般に人間という動物(の一種)には、やはり個体差があって、AさんとCさんとでは、この両者の「耳」で聞こえる音の[dB]の領域は異なります。
・(仮に)Aさんにとっては、20[dB]~10000[dB]の間の音がAさんの「耳」には聞く事が出来るとします。・他方でCさんには、30[dB]~100[dB]の範囲内の音までしか聞く事が出来ないという(聴力の)限界があったとします。◇そして、この時に「法律」での「騒音」の音量領域の「法的に」許される範囲の限界を
    50[dB]⇔5000[dB]  ―――(つまりこの領域の範囲内の音の[dB]は「法的」に罪はない).
・今、Cさんが、3000[dB]の音領域の音(音声)を「発言」した時に、3000[dB]の音はCさんには「可聴領域」の範囲を超えていますので、Cさんには「聞こえません」.ですからCさんにはその音が「騒音」とも聞こえません。他方でAさんの耳には、この音(3000[dB]の音は聞こえます。)
{ただしかし、常識として、物事の「罪」(犯罪)の有・無を決める権限を持っています基準としての「座標軸」は、日本国憲法が定める「法律」によりのみ判定されるのです。}
・このとき、3000[dB]という音は、Aさんの耳には聞こえますがCさんの耳には聞こえません。
・ここで、(法律的に無罪な範囲は、50[dB]⇔5000[dB]の範囲内なら、その音は「無罪」(法律の許可内).)
・Aさんは、20[dB]~10000[dB]の範囲内が可聴ですが、Cさんは30[dB]⇔100[dB]が可聴な為に、Cさんには、3000[dB]の音は聞こえない領域の音(縦波)です。但し、法律に寄れば、3000[dB]<5000[dB]という限界内(無罪)の範囲内に収まっています。従って「法律」にそのCさんの発した3000[dB]の「音」の判定を求めれば、これは「無罪」となります。
[結論]:つまり、3000[dB]の「音」は、Aさんには、10000[dB]>3000[dB]なので、聞こえます。あるいは万一「10000-3000=7000[dB]」の「騒音」として、知覚されるかもしれませんが、Cさんには、100[dB]<3000[dB]なので、Cさんには聞こえません。
◇:しかし、最終的には、そのAさんの主張する3000[dB]という音は、「法律」にその判断を仰ぐならば、「法律」の規定では、50[dB]~5000[dB]の範囲内の「音色・音」は「罪」はない。「無罪」なのです。従って、日本においては、日本国が規定した「日本国憲法」に従う必要性があり、故にAさんがCさんの、3000[dB]という発生音に関して、司法の権限はCさんを「無罪」と認定して、逆にAさんは、ある意味において、(多少なりの)「知覚・過敏症」の疑いを「Dr.」によって「診断」される事になるのでしょう。従って、この場合におけるAさんのCさんに対する「騒音妨害」という言及行為は、(Cさんは「無罪」な訳ですから、この場合では、逆にAさんの「聴力」の認知量に関して、何らかの「病気」があるかもしれません!という言述を「専門医」からは、その様に「Aさんの「知覚・感覚の過敏症」」だという「診断証」が出される事になるでしょう!!!
「テーゼ」:「法律を守った範囲内においての最大限の「自由の行使」という「フレーズ」が「法律」を根拠としてその「フレーズ」の正しさを明言する権利を得た、という結末にてその問題は解決されるでしょう!
◇:written by, Toshihiro-Hamada. (C).:2018/05/17日記述です。)「in・高知市内において」










http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?



[553] 「有罪」か「無罪」は「法律」が決める要件です:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54)::: 投稿日:2018年 5月17日(木)01時00分49秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇「法律を犯した警察官は、公務員資格は取り消されて、検察官によって逮捕されるのです」◇◇◇:::







◇◇:今まで私は、実は「生物学」は、さほどの興味も持てないかな?という程度程の関心しかありませんでしたが、しかし、この度「発生生物学」という本を入手しまして、その中には「RNA(メッセンジャーRNA)」ですとか、「遺伝子レベル」の「脳の構造」や「軸索」等の、かつて、1年間だけ「2000年時」に
「人間総合科学大学」という「通信制」でしたが(in・埼玉県)にての「人間科学」という名称にて学んだか科目に同等な内容が掲載されています事に驚きと共に「生物学」を多少なり「見直しました」









◇◇:今後は「化学」や「生理学(多少の医学)」等の要素も含んだ「発生生物学」に関しましても、多少なり、学んでみようかと、思いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い致します・・・!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://6914.teacup.com/123abcdcba321/bbs?


レンタル掲示板
557件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.