甲南大学体育会サッカー部




新着順:6/26


[21] 2018年シーズンに向けて

投稿者: 管理者 投稿日:2018年 2月 7日(水)21時57分31秒 zaqdb733d9a.zaq.ne.jp  通報    編集済

2018年シーズンに向けて
                                                                                                                   平成30年2月吉日

                                                                                                           甲南大学体育会サッカー部
                                                                                                               OB会会長 松田秀夫

まず初めに2013年から5シーズン、ご指導頂きました前ヘッドコーチ青木大輔氏に心から御礼を申し上げます、本当にありがとうございました。甲南大生、体育会サッカー部の選手としての有るべき姿を追い求めご指導を頂き、厳しい戦いの続く関西リーグで二度にわたり一部への道を切り開いて下さいました。指導者として甲南で培われたキャリアを活かし更なるご活躍をお祈りすると共にこれからも甲南サッカーを温かく見守って頂ければと思います。

先に西松強化支援委員長から報告が有りました様に本年2月1日付けを持って和多田充寿氏を幣部監督にお迎えする事になりました。私たちOB会は現役のより良い環境を整える事が大きな役割であり、中でも指導体制を構築すべく様々な制約の有る中、今期もまたヴィッセル神戸から派遣コーチとしてご指導頂く事となりました。ここ至りますまでヴィッセル神戸からは、優秀な指導者を派遣頂いております事、衷心より御礼申し上げます。

和多田氏は神戸育ち、兵庫のサッカー界が期待する選手として中高校世代を過ごし筑波大学へ、そこでユニバ代表にも選出。その後のヴィッセル神戸での活躍は皆様良くご存知の通りです。昨年日本サッカー協会S級ライセンスを取得された際にはJFAから外国ナショナルチームのコーチ、また国内強豪プロチームからオファーが有ったとの事ですが、自分を育ててもらった地元神戸で指導者としての道を歩むことを決断されました。

招聘するにあたり甲南サッカーの目指す処、ヒストリーをお話し、また和多田氏のお考えも聞かせて頂いた上で最終の決断をすべく昨年12月、ヴィッセル神戸のご担当者、西松強化支援委員長と共にお目にかかりました。そこで聞かせて頂いたサッカー、学生スポーツに、また我サッカー部OB会対するしっかりとしたお考えを聞かせて頂くことが出来、チームの指導をお任せする事に何らためらう事なく最終の判断をするに至りました。

これから始まりますシーズンはいつにもまして厳しい戦いに臨むことになります。私たちOB会・保護者、ご関係の皆様の力を結集して現役をそして和多田監督をしっかりと支えて参りたいと思います。
どうぞ皆様、試合会場に、いや六甲アイランドの練習場にも脚をお運び下さい。

皆様と共に現役諸君の熱い戦いを応援し、感動を共有して参りましょう!


新着順:6/26


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.