物理文化論と浅い哲学も???



カテゴリ:[ 趣味 ]


1068件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1093] 「(19世紀末・フランスの様な)世紀末的・傾向性に関しての少しの題材の提供です」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月16日(月)20時04分32秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「世紀末」の2つの特性[編集]|〔(染色体的には)「XX,XY,YY」という3種類の存在は認知済ですが(数学の順列・組み合わせ間違いでない限り〕
ところで、「世紀末」とは単に年代や時代区分を指すものではない。たとえば19世紀後半の絵画には、一方でリアリズムを標榜する印象派・後期印象派の流れがあり、それとほぼ並行してアンチ・リアリズムの象徴主義絵画があった。同時にアール・ヌーヴォーと呼ばれる新芸術運動もあれば、伝統的なアカデミー派の絵画も健在だった。しかし、美術や文学の領域では単に19世紀末という限定された時代区分を指すというよりは、その時代に特有のきわだった個性・傾向を指している。クロード・モネやルノワールが「世紀末」にカテゴライズされることは、まずない。
そうした「世紀末」芸術の特性の1つが様式における象徴主義であり、もう1つが主題における、死やエロスへのこだわりなどの特殊性であり、また、社会通念から逸脱した「退廃的」な主題やモティーフを好む傾向であった。そして、芸術家たちは、この2つの特性を展開するための素材を神話、伝説、歴史、聖書、文学、歌劇等に求めた。しかし、これはアカデミー派の「歴史画」とは一線を画しており、「世紀末」の作家たちは説話自体の意味するものを自己の世界に引きつけ、再解釈をしたうえで象徴的、寓意的に提示したのである。それゆえ、その芸術は説話を物語るのみならず、激しい社会の変化のなかでの自己の内面世界をも物語ることとなった。冒頭に掲げたサロメやスフィンクス、オルフェウスなど「異形」の題材が、ことのほか愛されたのもそのためなのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|||多少の「反省」の意味も込めましての「記述」となりますが.私は、多少なりに「病の身」にはあります、とは言うものの、その病のメインは「睡眠障害」(+)「てんかんの病」のみ!ですので、自分で言うのも、気が引けますが「理知的な要素」に関しましては、どうやら、今のとこは「特に病んでいる様な気配」は「判定」は成されてはおりませんので、どうぞ、ご安心を下さります様、よろしくお願い申し上げます!!ま、そうですね~.そうした事象の「一端」と致しまして、ここでは、1例として「籠池言葉」の「数理」=「忖度言葉の数理」を示しましょう!!!
|つまり、「忖度言葉の数理」とは、今、任意の関数・変数、「Y」と「K」を考える時において、「忖度言葉の数理構造」は、次の様になっていますという事象を提示させて頂きます!
    Y=K^2   -----(忖度言葉の数理的構造でしょう.)
|以上です!!

|(注):{多少は途中過程を〝端折っていますが、よくよく考えて頂きますと、as a result say」では、上記の構造に「妥当性」を見出されるはずでしょう!!}

|「Thank you very much.」!!!

|||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
         h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時

https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs




[1092] 「今日の締め括りの記述と致しまして」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月15日(日)19時14分0秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||多少の「反省」の意味も込めましての「記述」となりますが.私は、多少なりに「病の身」にはあります、とは言うものの、その病のメインは「睡眠障害」(+)「てんかんの病」のみ!ですので、自分で言うのも、気が引けますが「理知的な要素」に関しましては、どうやら、今のとこは「特に病んでいる様な気配」は「判定」は成されてはおりませんので、どうぞ、ご安心を下さります様、よろしくお願い申し上げます!!ま、そうですね~.そうした事象の「一端」と致しまして、ここでは、1例として「籠池言葉」の「数理」=「忖度言葉の数理」を示しましょう!!!
|つまり、「忖度言葉の数理」とは、今、任意の関数・変数、「Y」と「K」を考える時において、「忖度言葉の数理構造」は、次の様になっていますという事象を提示させて頂きます!
    Y=K^2   -----(忖度言葉の数理的構造でしょう.)
|以上です!!

|(注):{多少は途中過程を〝端折っていますが、よくよく考えて頂きますと、as a result say」では、上記の構造に「妥当性」を見出されるはずでしょう!!}

|「Thank you very much.」!!!

|||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
         h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学

https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs



[1091] (今日は)「オーテピア高知」図書館よりの記述です」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)[理学 投稿日:2019年 9月15日(日)13時02分21秒 202.248.40.38  通報   返信・引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||(今日は)「オーテピア高知図書館」よりの記述です.|(以下、同様です)|||

|||(どうやら)「AI」「∫」は「ウィズダム」よりも「ナレッジ」の方が「weak?」なのかもしれない、気づき始めた!しかし「42」で「dscrive」されます「subject」は「important」な様ですね?(但し)「センシング」の「基本」は「メディカル・バロメター」の様ですね?「Isn't it?」

||「I think that every day is a day of "go on as usual" is a most important thing, I think so that.」|

|||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
         h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!
:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けてい

https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs



[1090] 「今日という1日を、閉じて行くに際しまして」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月14日(土)16時47分54秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「私は今日という1日を、どちらかと申しますと、むしろ悲しみの内に閉じて行く様なfeelingですが.」?

||「But there forer, tommorror will be some fine day, it may be so that.」|||

|||(どうやら)「AI」「∫」は「ウィズダム」よりも「ナレッジ」の方が「weak?」なのかもしれない、気づき始めた!しかし「42」で「dscrive」されます「subject」は「important」な様ですね?(但し)「センシング」の「基本」は「メディカル・バロメター」の様ですね?「Isn't it?」

||「I think that every day is a day of "go on as usual" is a most important thing, I think so that.」|

|||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
        h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!
:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めて・・・

||「Thank you

https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs



[1089] 「今夜は〝池田聡”君のCDを聴きながら」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月12日(木)21時41分21秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||「今夜は〝池田聡(君)”の〝CD”を聴きながら眠らせて頂きます|||||!!!

||「池田聡(シンガー・ソング・ライター)」は、私と同じ「N大・理工学部」御茶ノ水校舎卒「理学士」です|||||!!!

|||(どうやら)「AI」「∫」は「ウィズダム」よりも「ナレッジ」の方が「weak?」なのかもしれない、気づき始めた!しかし「42」で「dscrive」されます「subject」は「important」な様ですね?(但し)「センシング」の「基本」は「メディカル・バロメター」の様ですね?「Isn't it?」

||「I think that every day is a day of "go on as usual" is a most important thing, I think so that.」|

|||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
        h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!
:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めて

https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs




[1088] 「おはようございます」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月12日(木)03時37分52秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||「Good morning all of the persons whchi are almost myside.」|||

|||(どうやら)「AI」「∫」は「ウィズダム」よりも「ナレッジ」の方が「weak?」なのかもしれない、気づき始めた!しかし「42」で「dscrive」されます「subject」は「important」な様ですね?(但し)「センシング」の「基本」は「メディカル・バロメター」の様ですね?「Isn't it?」

||「I think that every day is a day of "go on as usual" is a most important thing, I think so that.」|

|||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
        h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!
:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。


||「In a se

https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs



[1087] 「今日という1日を、閉じる時に際しての記述として」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月10日(火)22時12分16秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||(どうやら)「AI」「∫」は「ウィズダム」よりも「ナレッジ」の方が「weak?」なのかもしれない、気づき始めた!しかし「42」で「dscrive」されます「subject」は「important」な様ですね?(但し)「センシング」の「基本」は「メディカル・バロメター」の様ですね?「Isn't it?」

||「I think that every day is a day of "go on as usual" is a most important thing, I think so that.」|

|||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
        h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!
:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。

https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs



[1086] 「Good morning to you, so much about it」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月10日(火)08時33分27秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「皆さま方、おはようございます.今日は、私は「Onece a week」の「ペース」にて「in・kochi city」にございます「心のケア」の病院へと通院させて頂きます日で、ございます!!!!!

「I think that every day is a day of "go on as usual" is a most important thing, I think so that.」|

|||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
        h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!
:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それ

https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs



[1085] 「早朝からの記載項目の追加」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月 9日(月)05時03分52秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||「Good morning, I seem it may be some fine day.」|||||

||私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
        h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!
:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「In a sense, thank you very much.」|||




https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs



[1084] 「今日の、記述と致しまして」|||||!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(56)「理学士」 投稿日:2019年 9月 8日(日)20時48分45秒 p280117-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||「Today was some kinds of fine day.」

|||こんばんは!私はどちらかと申しますと(自分では、なるだけ「価値中立派」を、目指して行きたいのかな?という様に、予想致しております!確かにあらゆる事象には(哲学的な視座では?)「オブジェクト」を「観測する主体」が存在する訳ですから、任意の「オブジェクト」は「主観」によって「観測・認知」される事になることでしょう!!「I seems so that.」|||(いわゆる「主観と客観」と呼ぶ様な「視座の変位」の記述とでも、申しましょうか|||!!

||(一般に「~~すぎる」という表現は、物理的(現実科学の視座)から見ますと「意味がありません.」

|| lim f(X^4/X(h))=(±)∞  ----- ①
        h→0

||この①式のように「無限大発散」となってしまう「数値」は、現実科学の「最小基礎」を示す「物理的」な「視座」から「測定」いたしますと、「意味」がありません.例えますと『nothing exist』(何物も存在しない)という状態、がある、事象を示している事になる訳です. { R=0,or R=φ }を示す訳です.

|||少し記述させて頂きます!|確かに(集合論)において「Φ」[空集合]という記述記号式がありました.この「考え」を応用いたしまして、私は「nothing exist」(無いものがある!)という意味の表記を(ある・存在する)という意味を込めまして、次のように「定義したいと考えます」すなわち、(存在する記号を)「E」と記して|⇒ E(φ)=Φ E(0)=0,E(1)=1,E(2)=2,E(3)=3,・・・etc.「thank you very much.」 |||||

||(私は、頑なに「アナーキー状態」になる様な行為には、賛同致しません事象をここに「意思表示」として、記載させて頂きます)|||!!!!!||(すなわち)「日本国憲法」は、どうしても破られてなよろしくない!!という意味における、私の「意思表示」という訳です.|||!!!

||
|||『アイデンティティーの一致』=『自我同一視』ですが、では『自我同一視』とはどういう事象か?と尋ねられた場合ですと「自分」と「我(われ)」とは「同一」であると「視る視座」の事を記述している様ですね。故に「自分」=「我」で、「自我同一視」.この時「テーゼ」より「I am I」,「You are You」

他には例えば「They」=「They」,「アメリカ」=「アメリカ」,「ロシア」=「ロシア」,「日本」=「日本」.「猫」=「猫」,「象」=「象」,この時「自我同一視」の{崩壊現象}とは,「象」=「猫」ですとか,「ロシア」=「アメリカ」等々. 同様に「ー100万円」=「+50円」,「+10円」=「ー800憶円」,「+60[km/h]」=「+200[km/h]」等々.(この時「自我同一視」が「崩壊」しています.)

|従って、私の主張は、例えば「ー100憶円」=「+50円」等という{自我同一視}を「認知する視座」は、確かに「小説」や「芸術」という「領域の視座」で見ますと、{「100憶円の損失を出した人でも、人生の終わりに(僅かな「50円程」の「寄付金」等の「良い行い」をすれば{良いではないか?}は「後世の〝美談”」とは、なり得るかもしれませんが(「小説」や「芸術」という「領域・分野」の「視座」で測ると).

|しかし、多少なりにも「厳しい」と「批判」を受けかねないのですが、他方では「+100[km/h]」の「スピード・オーバー」は、{厳しく「100[km/h]」の速度オーバーとして「検挙」しなければならない}
|同様に「-200憶円」=「ー200憶円」(という「銀行的には〝明らかな損失である”と見ないと〝金融破綻”を生じる事でしょう!!この時には、極めて「理工学」的なる「視座」での(測定)が「妥当」になるでしょう!「-100億円」=「ー100憶円」,「+40m」=「+40m」という様に見る「視座」は妥当でしょう.

||「物の理」と致しまして、「(ジュースの自動販売機)には〝コインを入れてから”ジュースが出る事象を待つべきでしょう||(アンチ・テーゼ)「コインを入れる前の時点で、〝ジュースの自販機”に文句を付ける事にも似た事象の「ナンセンス」さの加減について、「アプリオリ」な様でも、よくよくの考慮は必要でしょう!!!

||(重要な要綱は、今世紀の「科学一般」が、〝クーロン力”のみにしても「電磁気学」止まりで切り上げるのか、あるいは「量子力学」の座位にまで、深く踏み込んでの考察まで求めるのかという判断の「行方」でしょうか|||「It may be so that.」|||||!!!

||「go on as usual.」(いつものことが、いつも通りに出来るという事.)|この「アプリオリ」が難しい!

|||今、仮に「物理学の座標軸上では」:「理学士」<「理学修士」<「理学博士」|という関係があります!|⇒{通常「物理学」の「座標軸」における「理学博士」は「物理学者」と呼ばれます!}

|私の「理学士」号所持は、(故)「服部哲雄・[理学士]」と(故)「中嶋貞雄:[理学博士]」も公認済!

|||多少、介在させて頂きます!(厳密に記しますと)「真実の世界」とは、もしか「非線形数学・非線形科学」が「描きます」世界なのかも、しれません。・・・しかし、ただ、そうした「非線形の世界」とは、「4年制大学」の「数学科」にしても「90%程度」は「線形数学」の範囲内にて、授業さえもが、済まされている様です!!ですので、「大学・理工系学部卒」=「理学士」(数学科卒)という方さえも、「理学士」号を得ました後でも以前「非線形数学」や「非線形科学」を「みじんも」学んだ事がなくていて、しかし、それでも「4年制大学」の「数学科卒」=「理学士」取得は可能と言いましょうか、「マジョリティー」は、その様ですね。とにかくも、「Thank you very much, of enough,to my GOD.」
|「I pray to Jesus, I pray to Jesus. because, Jesus on the Cross.」
|Thank you very much.|||
|(参考までに):傍目から見ますと「アヒル」は、野乃花に、「遊んでいる?」様に見えるかも、しんないですけれども、そうした「アヒル」であっても、少なくとも「親のアヒル」であるのならば、その「親アヒル」が今存在している!という「理由」は、それまでは、「広い世間の中」を生き渡ってきたという論拠が事実としてある訳であって、その「親アヒル」の「800万人」以上の「都道府県内での「20年弱」に及びます「労働者」の「期間」は現実にありました訳であって、それが「理由」として現在までに生き延びられている「事実」、つまり「現役時代」は「水面下」での「アヒルの(足での)「水かき」を「ひっきりなしに」行って「労働」していましたという事実があるようですね。その「途中過程」の「努力・精進」を「現役労働力期間」には、列記として、働いてきた!という「20年間」弱にも及びます「努力・精進」を「引退」した後の姿、だけを見ての「かくかくしかじか」という言述は、「30年間」にも及びました「1つの時代」を「開闢」して、そして「30年間」の「4次元時空間」の「労働通過期間」の後に「時代名」さえも「変わる」に及んで、現実的には「確実」なる「引退者」なのですよ!その引退後にも、「アカデミック」な「ウィズダム」が残っています故に「理学士」としの「余暇」を「アカデミック」遊び!を愉しんで、いわば「老後の遊び」としての「アカデミック」の「愉快さ」を愉しんでいるのです!文句を記する権限のある方は、どうぞ、ご自身で、1つの「20年間以上」の「1国」の時代の名乗りを「作って」みて下さい!そうした後にはその時代を「終える権利」もありますので、その後には、ご自由に「お寛ぎ」下さります様お願い致します!!「私は25歳で1つの「平成時代」の「創造原因人」であり、故に「30年間の平成時代」の「終焉」に辺りまして、故郷にて「30年間分」の1世代前の「垢落とし」でも行いながら、向こう3か年程度の「くつろぎ」の期間を過ごしているのです!「嘘だ!」「いやだ」というなら、再びに「平成時代」に、戻してごらんなさい。そうしたならば、(私は「平成時代」30年間の「原因人」ですから、「平成の時代」になる事象でも派生しましたら、再びの「再起・復活」成してあげましょう!!いいでしょうか?何事も「積み上げてきました「実績のみ」に「他人」は「信頼」を「寄せて下さる」のです!実績のなき「名乗り」は「常しえなる一人よがり」なのです!!
|「THANK YOU VERY MUCH,OF ENOUGH.」!!!

|||『オーテピア高知(複合図書館)』に「寄贈」させて頂きました『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)を、どうぞ、「オーテピア高知」(図書館)にまで、出向かれまして「3F」フロアーにございますので、ぜひ、ご覧になってみて下さい!!{一応「郷土・高知」の棚にありますが「物理・数学」の区分分けです!}

|||一般に「科学」とは「progress」(進化)する行為が「元来の性質」ではあるのでしょうが、その行為の中に、少なくとも「一定の規則性」という「秩序?」にも似た様な「要素」がない場合では、すべからく、その領域には「座標軸」を描く行為は成り立ちません。すなわち単なる「コトバロジー」の束を積み重ねる行為
は、もはや「科学的事象」の「範囲」を「逸脱」していまして、通常は、そうした「領域・分野」の内容を示して「芸術」と「区分分け」する「視座」が、少なくとも「学問的」な「視野」が残存しています「エビデンス」と言う事は出来るでしょう。少なくとも「H1年時」に私が「物理学科・卒」にて(25歳時)に「理学士」号を「取得」し得ました「ライセンス」の「取得条件」は、そのような「見分けの視力」が「要求」されるものでした。これは「理学士」号の「事実」です!!

|||私は、一応「平成1年」に(某・私立大の「物理学科」卒=「理学士」は得ておりました。その昭和の終わり頃における(量子論的な視座)の方向に座位してあります様に感じられた「量子力学」と「統計力学」とは、共に「物理学科」卒=「理学士」号取得の為の「必須科目」でした。これは、話の時代性を辿りますと、おしなべて「20世紀の物理学」における「2大発見」とは、(ハイゼンベルクらによる)「量子力学」と(アインシュタイン1人によります)「相対性理論」が挙げられます!この中でも、近代は、「コンピュータ科学」の発展等を鑑みる場合においては、その「根底の原理」を「表す物理学」である「量子力学」の理解を外す事は出来ないでしょう。その様に「量子力学」という「20世紀物理学」は、非常に重要な「物理学」な訳ですが。私は、一通り程度には「量子力学」を「昭和の終わり頃」に学び単位を取得致しました。しかし、その(学部卒程度である)「理学士」程度では、その「奥義」たる様な「深遠」にまでは、なかなか、遠く及ぶものではございませんでした。とは言うものの「平成1年」となった時期に(当時25歳でした)私は、一応「理学士」号は取得はできました。~(その後、平成の終わりまでに「2桁」の「CINII論文」の作成にまでは、何とか至りました。しかし、まだまだなのです。物理的な真理はやはり「深遠」なのでしょう。~しかし、今度は、新しい「令和1年」という時代を迎えまして、私も「一般の社会人生活」は、どうにか終えるには至りました。そういう事由も加味されての事情でしょうか?今度は、かねてよりの、何と「1988年~1989年」の頃に買って持っていました「数学の入門書」を読む時間がようやく、得られるようになりました。それは、今度は「20世紀における「現代幾何学」という「数学」を代表致します「位相空間論」と「位相幾何学」の2領域分野です。どちらも「トポロジー」という数学分野なのですが、前者の場合は「抽象的な空間そのものを対象とする数学」であり、また、後者の方は「前者の様な空間の中に入っているある程度具体的な図形を対象とする数学」を意味します。この事象を「物理学科卒」の「理学士」の「視座」から見ますと「位相空間論」の方は、あたかも、「統計力学」に、多少なり似てるかな?という実感を持ちまして、また、「位相幾何学」の方は、「量子力学」に多少なり似てるかな?という「feeling」を、持ちました。
そうなのです。なんと、昭和の終わり頃に買って持っていました「幾何学という数学」の領域に、(独学なれども)ようやく、「学習」に入って行ける時間がやっきたのかな~っと、平成が終わり、令和1年の今頃になりまして、真新しく「大学・数学科」の「学部レベル」の「幾何学」を学ぶ時が自分に訪れた機会を、「チャンス」に変えようといわんばかりの、「嬉しさ」にも似た私の「情緒量」を実感している次第です。あとは、一応、今は「放送大学・教養学部」にて(高知学習センター所属にて)この令和1年の2学期のシーズンからは、私は、やはり「物理」の視座は持ち得たくて、しかしそれは「音の物理学」の様な、あるいは、もっと汎用性にあります(多様性ある)領域をも内在させる様な科目を「申請」致します。音の物理と言えば「振動・波動論」となりますが、これに加味しまして、「生物的」、「精神的」、そして「文化的」でさえもあるような、そうした「領域を縦断」して行く様な「音を研究していく科学」という「現実」の要素を学びながらも、それに対して私は「研究者」の様な立場から、例えば「位相空間論」という「数学」によって「音の科学」という「現実的な物理的・生物的」な「実在量」に、その「ものさし」を「介在」する行為によって、また、何らかの新しい「物理的な視座」が得られないものか、どうかという「期待」を、今からワクワクしながらも、この令和1年の秋頃より、令和2年、令和3年辺りまでの「時間」を「投入」しみる気概でいます。かの「アインシュタイン博士」にしても、E-博士は「リーマン幾何学」という「湾曲した」数学(幾何学)を学び、「既存のニュートン力学」や「電磁気学」に対して「宛がって」、その果として、20世紀を代表するに至りました「相対性理論」の「発見」「発明」にまで及んだという20世紀の「物理学上」の「現実解」の気概を、今一度、思い起こして、私は「振動・波動論」等で描かれます「古典物理」や「生物学」等の「領域」に対して「音の物理」を「媒介」とさせて、その「数学」の「座位」には、私「理学士」の場合では「位相空間論」辺りの(例えば「コーヒーマグ」=「ドーナッツ」と見なしてしまう事象に代表して例えられる「数理・物理的」なる「領域」等の探求を望みます!「thanks'」!

|||(川柳)「育てよう心の中のキャンドルライト」.「解けてく頑なだった私の心」.「ワープして記憶の中を過去・未来」などなどです!!「Thank you very much.」!!!

|「空間が電磁気学で描かれる今」((∇×E=-∂B/∂t)|(ファラデーの電磁誘導の法則)等)という事象は、十分に理解出来ますが、それでもなお『When I pray to Jesus, there are some kinds of angels inside my mind. once the "ミカエル”is,once the"ガブリエル"is, once the "ラファエル"is, which I feel certainly so that.「thank you very much.」!!!
"魂の構造"が「タマネギ状」という例えがとある「本(太陽の法)」にありましたが、あれは「方便」でしょう!!実際に「数学」を多少なりにも知ってます者としてはこれはまさに(超弦理論における)「カラビヤウ多様体」や「グラスマン多様体」そのものの様子にそっくりです!そしてこの「多様体」という「数学」はそれ自体が「10次元」辺りの「高次元」を描く「実際の数学」です!!「What I said is true.」!!!

|「thereforer, "Low of SUN" is the same as the "Mathematics of 「多様体」", which are the almost all the same as.」

|従って「as a result say, 「多様体」≒「太陽の法」(魂は"タマネギ状"という記述表現)!

|故にこそ、もっと、数学自体を「学んで下さい!!」その「数学」という「アカデミック」(学問)の中に、まさに「多様体」という「高次元状態」を「数式で描く」「方程式」がたくさん描かれているのです!!

|「In a sense, thank you very much.」!!!!!

|||「ここに、〝オルゴールによる”『クリスマス・ソング』をご紹介させて頂きます」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=XdevfYbbb1Q

|「クリスマス・ソング」を「透明なオルゴールの音色にて楽しみましょう!!!」:::!!!!!

|「Thank you very much.」!!!

||もし今自分の目前に「何もない」と見えし時には、考えるべき事は「nothing exist」と、つまり『目に見えない鎖がある!』という様に考えてみることもまた「無意味」ではないのかも、しれませんね。一応は、私の経験知からの言及としてですが、一応の追記項目として、記させて頂きます!(後はよろしく!).

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「育てよう、心の中の、キャンドル・ライト」

|「ワープして、記憶の中を、過去・未来」

|「空間が、電磁気学で、描かれる今」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「It's may be something fine day, today.」「I seem so nice of feeling.」

|||「一般に、何事におきましても〝一躍超入?”という事象は、あまり「信頼はおけませんね。」:::

|||「やはり、大切な事は、1つ、1つ、を、見抜かしが、内容に、丁寧に見ていく事でしょうか|?
|||日本の「高度経済成長期」の頃、「喜び」や「嬉しさ」は常に「未来」に向けての「PROGRESS」の最中に見出されたものの様です!おそらくは「幸せの実感」という「フィーリング」は、「自分たちが未来へと進化している」という実感が得られる所にあったはずでしょう!
(現状維持での満足感を味わう行為は言葉を変えれば「未来への進化」の諦めの「自己正当化」に甘んじる行為の認めの姿!)

|||「昨今の科学・技術の基本は「AI(人工知能)」が、主体ですね。AIの基本概念辺りは「理解」しておきたいように、予想されますが、いかがでしょうか?(いつまでも「ブラック・ボックス」利用者ではお腹を壊してしまいそうに、少なからず「予想」されますが、いかがでしょうか??

|||遠い昔、物理学科生の「20歳」頃に、複数人数で「九十九里浜」へ出向いた事がありました。その浜辺は大変広かったのですがその中に「カツオノエボシ」の死骸があり、当時20歳の頃の私は、その写真を撮りました!|「オフコース」によります(楽曲)「歌を捧げて」という、私の「YOUTHDAYS」のお気に入りです!!どうぞ、お聞き下さい!!!
https://www.youtube.com/watch?v=RWQVVNnMwz0&list=PL7-ILzKb0731g3-Ho0ayg7KsGhpV4sGsN

『コトバロジー、挙句の果てに新発見』:(in a sense, 「5次元(物理的な意識の)方程式」の事.)
 E= ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε {「5次元(物理的な意識の)方程式」を意味してます.}
   『濱田敏博(55歳)[理学士]:©:』:【但し、今年の「後半」からは「56歳」になりました。】
     {ここで、「ε」は任意のエネルギー}: {「h」は〝プランク定数” }
{「光子(think)の「think(粒子)」は「光子の媒介パラメタ」で「(量子物理的なる)意識」と記してもよい。}
||恐縮ですが、「現実世界」に関しましての「理解についての記述」です。
|それは、「2017年度」の「ノーベル物理学賞」の件にてですが、「アメリカの物理学者3名」が「受賞」されたのです。その中の1名に「キップ・ソーン博士」がいました。(ワーム・ホールの理論的研究で、私が20代前半頃より「世界的」に知られていました!そして、「2017年」(もしか「2018年度」の「ノーベル物理学賞」の理由は「アインシュタイン博士」が「理論的予言」をされてました「重力波」の「実験的確認の成功」につきましての「受賞」なのです!つまり(遅くとも)「2018年度」を過ぎるまでには「現実世界」は「4次元時空」=「ミンコフスキー空間」として「実験物理学」的なる「ノーベル賞」の「信義の座」においきましても「広く世界的」に「認知済」の事象となっているのです!
(ちなみに「重力」とは、平たく申しますと「加速度」と「時間要素」が内在しているような、そうした媒体である!と進言しても、間違いではないでしょう。「It may be so that.」!!)

|あと、やたらと「数字」を「気にかけて」いらっしゃる方もいらっしゃる様ですが、実際の事といたしまして「物理の視座」から述べますと「数字」と「記号」との関連は、左程「遠く」はございません!|例えば今、「A×B=C」という、「掛け算」の形式がありました時に、この式を「数学の視座」で見ますと、 これは「ベクトル外積」を意味しています!
 また、同じ意味を今度は物理(電磁気学)的に使用しますと、1例と致しまして、
   ∇×E=-∂B/∂t :(フラデーの電磁誘導の法則):「ラジオの方程式」など::
という「科学的な意味」をも内在しているのです。肝心な事は、今、現前に、例えば「500円硬貨」が「1個」あったとしても、その硬貨の存在を「盲目の人K氏」には「見えません」つまり「彼K氏」にとりましては「500円硬貨」は「存在しない」に等しい訳です。しかし「視座」のある人たちには、同じ「500円硬貨」は「目に見えて」いる訳であり、つまり「100%」「存在」している事実」となるのです。
|あと、今、「R×K」という「掛け算」がある時に対して、この記号に対して「R=2」、「K=4」と、代入してあげると、他なりません 、
 「R×K」=「2×4」=「8」を意味している事に「等しく」(=)なる訳ですね。こういう感覚は「理工学的」には「feeling」的なる「常識」なのです。しかし、例えば「理工学」における「常識」と、他方(仮に)「文学」におけます「常識」とは、おそらくは「異なって」いるでしょう。
なぜなら「同等」であるなら「=」が成り立つので「理工学」=「文学」という「等式」が成り立ってしまうために「学科目」の「異なり」が「理解出来ない」=「十把一絡げ」状態に陥ってしまうために、この状態では「学問の危機的状態」と言及できる事でしょう!! 以上です!!!
|「thank you so much.」!!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|||①・「コトバロジー」:この表現はですね~。例えば「英語」では「技術」の事を 「テクノロジー」というように「表現」致します。(もっと、サンプルが必要ですが)、素直に申しますと、その様な「feeling」ですね。「英語的な感覚」とでも、申しましょうか?その理由の故に「日本語」の「言葉」のことを(私の私製表現ですが)「コトバロジー」として、表記してみました!

②「座標軸」:これは、端的に「時空間の構造の表記」とでも、申しましょうか?例えば我々は「3次元物質世界」に住んでいますが、これを分割して表記しますと「X軸」と「Y軸」と「Z軸」との、この総計たる次元を「3次元空間」として表現するようです。{しかし、現在では「4次元時空」です!}

③「座表軸に乗る」:この表記の説明をいたします!
 一般に、物理的感覚と致しましては、「任意の物事」を認識した場合において、例えば
「あの人工衛星の軌道は(アバウトでも)この先はどうなるかな?」
 等と考えて、(多少「類推的なる計算を行って」例えば、この先の「軌跡」は
  F(r,t)=aX^3ーX+θ=0  ( 但し、a>0 ).
のような表記をするものです。
 この時に、記号式や物理式の表記にて捉えられ得る事が出来ました「事象」は 他ならぬ「座標軸」によって「測られる」訳ですね。従って、上記の事由に「論拠」を寄せましても「人工衛星の軌跡」は「座標軸」に「乗る」と表現して間違いはないと予想致します。
{例}:(高校物理本にて)「なめらかなテーブル」とは「摩擦のないテーブル」という「意味」が「文科省認定」の上で、(暗黙裡に)表現されているのです。
 あと「ガリレイ」さんの言葉は「歴史の本」等に掲載されてました内容よりの引用です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|さて、ここまで、何となく「的外れ」な返答にならない様に「気を付けて」記述させて頂きましたつもりですが。最後に、今仮に「Aさん」の記述と、他方、「Cさん」の記述とがあったとしました事象を、私なりに多少なりにも拝見させて頂きましての「記述表記」の「差異」とでも表現いたします事項を「比較」させて頂きまして、簡略に「気づいた認識方法」が「四捨五入」の概念だったとしましょう。それで、例えますと、
   「Aさん」⇒「3」||「Cさん」⇒「8」||の様に把握してしまった場合はどうでしょうか。この時に確かに「3<8」という視座は「数学的」に間違いではないでしょう。
 そして、この時に「四捨五入」と表記されます「数学上」の「区分け方法」を「介在」させてみる訳ですね。この時に「左辺(3)」は「切り捨て」となりますが、他方「右辺(8)」は、「桁の繰り上がり」という状態に至ります。
|そして、後は「パソコン」的なる「発想」にて(00),(01),(10),(11),ですが、この次には(20)とはならずに、「1桁繰り上がって」(100),となる訳ですね。
|ですから、多少(抽象的な懸念はありますが)「桁の繰り上がり」か、どうかの違い!の様にして、理解して頂けたならば、幸いです!!
|「thank you so much.」!!!

|◇||{私は、決して「神の存在」を、信じていない訳では、ございません。しかし、「ANGEL」を「満月」に例えるとする、ならば、私は、せいぜい頑張っても「三日月」程度が、精一杯ですね。その程度が、精一杯の度合いの私なのですね!!!さぞかし、本物の「満月」様ですとか、あるいは、万一、真実にあられるならば、「地球の神様」などは、さぞかし、お疲れ?には、ならないのでしょうか?という程度までをしか、私には、理解が出来ません・・・!!!!!
|◇|それは、私が、やはり(決して)「8次元」ではなく(せいぜい「7次元~6次元程度」までの存在でしか、ないと申します、いわゆる「人間であります事象の証左」だと、むしろ、私は、自身の「人間性」に安堵を覚える程度の、存在なのです::::!!!!
|◇|「I pray to JEZUS, I pray to JEZUS, also I pray to 〝十字架”」::::!!!!!
|「THERE FORER, I PRAY TO JEZUS, I PRAY TO JEZUS.」:::!!!!
|◇|「ファシスト的なる勢力が現れたるときの教会に通う人の1人としての取るべき立場」
||>フリードリヒ・ニーチェ
「怪物と戦う者は、そのため自らも怪物にならないように、用心するがよい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|そうですね~。いま、歴史上の人物に「チャーチル」という人物がいました。「イギリス」における「政治家」?でしたでしょうか、その頃に、ドイツには「ナチスwithヒトラー」がいました訳でして「ホロコースト」の出来事を繰り返していたのですね。こういう場合では、たとえ
「クリスチャン」であっても「羊の群れ」では「ナチス」に負けてしまいます事は自明の理。その為には、どうしても、他ならなくて「自分たち」(教会に通う者としても)「ナチス」の様な戦闘主義軍隊が現れたる時には「平和を愛する」1市民ならば、平和を壊されない安心した日々を取り戻す為にも、時には「抗う者」「プロテスタント」であれ!といいます「激励言葉」は、既に「聖書」の中かその周辺には描かれております!「綺麗な言葉」で「砂糖菓子の様なオブラート」に包まれて、「クリスチャン達・全員」を「ホロコースト」の道へと、死に人の「道」へとみすみす行かせる訳にはいきません。これは「国家公安維持」的なる発想の元に信義をおいての、どうしても今後も「教会」へ安心して通う事が出来ます事を求めましての、ある意味「平和な社会」を求める為にこその「ナチス」的性質を運動する存在に対しての「綺麗な言葉」を被せて「無実人を装う現代のナチス」勢力に対しては、チャーチリズムの姿勢をもってして、どうしても「教会的」なる「安心」できます私たちの近隣を守る為にも(しかし決して軍事力ではなくて)「智慧」(数理的なる学術の知恵)を駆使して、何とか「ファシスト」達からは「身を守る」数理の知恵=「理学士」以上の知恵を持ってして、「ファシスト」人達からは、せめて自身達の「人権」や「生命の保証の座」におけます「真なる自由」を守りたいですね。こういう発想が、他なりません「民主主義」と呼ばれる世界の「共通認識」の考えであると、私は「平成元年」以来社会に出て「東京都」や「大阪府内」と、そして「関東方面」にて「主に〝工場作業の契約社員”」を働かせて頂きました「人口800万人以上」の都市部での「フィーリング」ですね、きっと!!「it may be so that.」!!「thank you so much.」!!
|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「エンヤ・さん」の(非常に〝透明な”音楽・楽曲です):「my favorite song.」!
https://www.youtube.com/watch?v=E37Gsb2ZXM4&list=PLfimnwaZdumimigLp_W9rmTSYRMrlTUqw&index=2

|「ENYA - person was born in UK. and UK is the biginning of "US" & also that the same as.」!!
||もしも〝ハマダ・T”の名前に見聞の覚えのある所在がいらっしゃったならば、どうぞ、その「方々」へ「angel」より告げるが「2019年」の今年と「2020年」の年とは「never do it」「it means so that.」|何はともあれ「2021年」の「春過ぎ」の頃までは、待ちの時と知るべし!
「決して〝行き急いでは、ならない”.「all of you should do that.」

|◇||「今にして、多少なりも〝もうあと少し行っておいたなら・・・”と(多少)〝残念に思う”ことは、私の出身大学・「日本大学・理工学部・物理学科(卒)「25歳時」「理学士」までの頃に〝神田神保町界隈”にて、もう少し「グリム童話」とか、「アンデルセン童話」などを、かじり読み程度でも、読んどいたらよかたかな?と、多少の「過不足感」をもって、遠い過去を振り返る次第です!!!
|◇|もし、その「種」が、岩盤の上に落ちると「焼けて死んで」しまいますが、もし、かの「種」が、肥沃な大地に落ちたときには、その「種」からは、万一には、いくばくかの「新緑」が「芽吹く」ことはあるかも、しれませんね:::!!!??
|◇||「おそらくは〝(いくらかの)物理科学的”な視座からの主張と、致しまして」:::::!!!
|今仮に何事かの「新しい種類別の〝要素”」とでも、呼ぶ事の出来る「判断事象」とでも申しましょうか?何らかの「それまでには見受けられなかった測定可能な事象の発見」は一般に「視座の次元上昇」とでも記述し得る事象の広がりをこの観測世界に対して「要求」してくるものです。そうした微積分的なる視座の拡張を要求してくる現象が科学世界の拡張方法の1つの「パターナリズム」と呼ぶ事は、可能なのかも、しれません!!
|例えば、今までF(x,y,z)という「視座」止まりでした「観測事象」に「t」が介在された後に、私たちの「観測可能な事象世界」は、即座に、F(x,y,z,t)という「4次元時空」という「次元の広がり」を見せました!
|◇|「例えば“月”は、たとえあなたが「日本の何処に居ようとも“同じ月”に見えるはずでしょう」
|◇|「私は、只、こういう、ありのままの“自然現象”をこそ、信じて欲しいです.しかし、それは「知識の受け売り」ではなくて、「各人、ご自身の自覚なされた自己確認・自己認識の信義の視座においてですが.」
|「I'm now in a disease, it could be turned out for a few years to reprear the time.」

|「Now, You are you, he is he, she is she, they are they, and I am I.」
|「this is my casual thought, which you can see about it, OK?」:::::
|「anyhow, I wish to you to only "thank you so much.”」:::::
|◇||◇|「私は、何らかの「学士号」を、得られた後には、多少には「実社会人経験」をも、行っておいた方が、他なりません、自分自身のその後の人生の「広がり」?の様な効果を求めるならばよりよいのかもしれません!

|今、「カントを尊敬している人が平気でウソをつき」という点に関しての疑義の提示をさせて頂きます!!|今、例えば「X軸上」という1座標軸上における現象と致しまして、「東京」と「大阪」と「名古屋」とを考えてみます!

    <大阪>      <名古屋>       <東京>
ーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーー>
     P1          P2           P3            X軸

|上記の様な配列状態においてみた時に、確かに<東京>から<名古屋>を見ると(P3から見たP2は)「西」に見えます。これは「ウソではありません」。また、同様に<大阪>から<名古屋>を見ると(P1から見たP2は)「東」に見えます。これもまた「ウソではありません。」
|そして、私は、確かに「カント」を尊敬しておりますが、私は(同じ「名古屋」を見る事象につきまして、「西」に見えると述べたり、あるいは「東」に見えると述べる場合があった時に、それはどちらも「ウソ」ではないのです!|その場合に生じてある事象とは「認識の視座の位置の変位」という「位相差」な訳です。要は、この「位相差」によって「同じ事象」の記述でも、異なった表現になり得る!という、この「真実」の「知能の差異」という事!|この「観測者」が<大阪>に居た時には<名古屋>は「東」に見えますし、また「同じ観測者」が、今度は<東京>に位置した時は<名古屋>は「西」に見えるという事実が生じて現れ出るのです!!
|「Which is the same coin.」「It's a true matter.」!「Are you OK?」!
「thank you so much.」!!!
|◇||『私に言わせますと、〝心”とは、「ダイヤモンドの中のマシュマロ」の様なもの」として考えて欲しいです!
|「If you,are you OK?」「What do you think about it, so that?」:::
|◇||まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R) ・・・・・①
|この①式の様な表記を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味 「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しい①式なのですが、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、この①式に「正写像」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}①式において、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・・・②
|つまり、「哲学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、②式の様になるでしょう。しかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、②式においては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!「thank you so much.」!!
|「But which is beside, & beside is another, so that.」:::!!
|『I pray to Jesus, I pray to Jesus, I pray to Jesus-Chirist.』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|端的に申しますと、新提案と致しまして、(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(シーズン誌)の発行を、ここ「in・高知市あたごtown界隈の何処か」におきまして「since『令和元年・7月以降』より、その(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(私製|13P程度)[一切の工程を、手作製]にて、仕上げさせて頂きます!!
|◇|手製・私製100%の、(B5サイズ|内側ページ容量は、「13P程」(故に、トータルの内部記述ページ数は、やはり「13P分量は確保され得ています」:【令和元年・7月以降より「数理・記号論研究会」を、「現住所」】:〒780-0051:高知市内(イオンモール見える場所)辺りにて設定させて頂きまして、基本は「season誌」としての発行です!故に(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程)|B5サイズ|(税別)「定価10円」といいます「安価」にて、公に発行させて頂きます!!
|「目的は、1つには「出来た小冊子」を「国立国会図書館」へと「所蔵」して頂ける要件が1点.
|私[編集長:ハマダトシヒロ[理学士]が今までに暮らした事があります「一都三県・一時大阪府内・約18年間の労働と大学・物理学科卒[理学士](WHEN I WAS 25 YEARDS OLD.)(某私立大「N大・理工学部・物理学科卒「H1年のみ」[理学士]::何処かの「図書館」にも「所蔵して頂く」「IT MAY BE SO THAT.」という、大きくはこの2点の「benefit」を見込んでおります!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|この(season誌)は、全く「法人」ではなく(完全なる私立・私有物)と致しましての(season誌)としての『編集長:ハマダトシヒロ』[理学士](56歳~)からの「~(sf)コロンブス・rebornとしてのハマダの視座より~」という考えの元での発行が始まりました次第で、ございます!「夏号」以降にも、年を超えて、以降は「2020年」からは、何とか、1年あたり「4回」の発行を予定させて頂いております次第ですので、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!{予定としましては「2019年(令和元年)は、(夏号),(秋号),の計2カウント分量を発行予定|2020年は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),の計4分冊分の発行予定:
|2021年度は(冬号),(春号),(夏号),(秋号),という計4分冊(カウント分)の発行予定
|です!!「in this way,2019年+2020年+2021年=(2)+(4)+(4)=10「小冊子分」までは発行の予定です!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!「thank you so much.」!!!

|{ちなみに、21世紀突入以降では、もはや「思いの契約」等という“野蛮な行為”はあってはならない!という趣旨が、この(season誌)『コロンブスの銀色・金色』(計13P程度)にはあります!!、|令和元年の夏号(7月30日発行日付け)よりの発行のメドが立ちました。
|「from bigning to the End.」(西暦の暦の終わりの時まで、そういう行為は“行わないという記述が、この発行日の決定の“契約・規約・規定事項”に、他なりませんので、ご理解の程、どうぞ、よろしくお願い致します!(前提条件と致しましてなのです!!!)「pardon me, please,to so that.」!!{数式・記号式は毎号10行以上内在します!!!!

|◇||「If I something to believe about Japana-society,but even though, of which even・・・.」
|「Only that the matter is the lisence of which person decide to do or the not?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
{実際のところ、上記項目は、私はホントは、もう、どうでもいいのですけどね}!「I never go to Tokyo.」::

|「松本伊代さんの〝優れた楽曲”だと、私は、お気に入りの作品です::!!!

||『さよならは、私のために』::|どうぞ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=a256IPry_wc

|(ちなみに、私の場合ですと、こうしたいくつかの楽曲によって「2年間留年後」「6年時卒業」=(物理学科卒の)「理学士」号を得ました。平成元年のことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|「My favorite things」という「楽曲」を、ご紹介させて頂きます!「sound of music」とかいう「movie?」なのか、「something so like」という「move]にて公開された楽曲の様です?

https://www.youtube.com/watch?v=K7uISBk0tcw

|これは、確かに、私の「お気に入りの楽曲の中の1つです」「what I written on is true.」

|どうぞ、よろしく、お聴きください!!!「it will something so nice, I feel so that.」
|◇||「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||◇|「フランス映画(1964年版)〝シェルブールの雨傘”を、多少なりも、ご覧下さい」!!!

https://www.youtube.com/watch?v=17A0fN8NJi0&pbjreload=10

|・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
||⇒:「きよし、この夜(英語バージョンです)|どうぞ、お聴きください!!!!!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wyJXZaGLg&list=RDY8wyJXZaGLg&start_radio=1

◇:◇:|「プラハのチャーチ・オルガンの音色を聴いて知るべき術は、そこ「サウンド・ウエイブの「心」!!こそが「常しえなる「数理有意」という事象に今こそ、その「銀色の心」を知るべき時では、ないでしょうか???

|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)
:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「ビバルディ」によります「四季」よりの「春」です!!!どうぞ、ご覧ください!!


https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU


|この“church-sound"の天国的な“響き”を、どうぞ、よろしく、ご理解下さい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:『2018年末~2019年に入りましてもrecomendな動画です.』!!!!!!!

:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!!!

◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms

◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[since 2019年1月|⇒「有効です!!!」=『重要項目として、ご考慮下さい!!!』[next]⇒

[add]|A study of the weaknesses of your competitors will also teach you many

important things. Strengths and weaknesses are often two sides of the same coin.

Knowing your competitors' strengths and weaknesses will help you prepare for the

future.

Satisfaction with your current level of profit and success will only bring

defeat later on. You can't expect that what is working successfully right now

will never be copied by your competitors.

Sinse everyone is different, you won't be able to succeed only by adopting other

people's methods. You also need to know your own strengths and weaknesses, which

will help you decide and adopt methods that work for you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かに「フッサール」,「ハイデガー」(存在と時間等):後は「プラトン」や「カント」等でしょうか?(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。

:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「ラジオ」等の媒介を通して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。
|今、仮に「芸術」と「数学」等という、全くの〝分野の異なる領域”を「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「明らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???
:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(56歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。
:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇現在でも、万一「思い出す行為」が可能であるのならば、その「姿勢」は「1993年~1994年」の頃にありました、「長渕剛・さん主演の映画「湖面の月」の様でしょうか?:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」行為が可能でしたならば、1994年頃「長渕剛・さん」主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??
⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!
⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::(後は、現在、私は「福祉作業所」に作業に出向いていますと同時に、心身の2級の病名の為に、この先3年間は、ホスピタルへの通院と、福祉作業所への通院の必要性を、その心身の病院の
「医学博士号」の「主治医」の診断により、向こう3年間のこの要件を満たす事を、医学博士の診断の元に命じられているのです!!従って私は、2021年末までは、この状態を満たす必要性があるのです。なお、この法律的要件は「高知県庁」も、また、公認済の要件でもあります!!!!!
|「thank you all of you, so much,with some glad.」:!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[as a resurt]:私が、平成元年に、某N大・物理学科卒=「理学士」号を得まして、おしなべく
:一都三県・一時大阪府内を約20年間弱、主に「工場内作業」などにて、働かせて頂きまして、その後には、故郷へと、戻りまして(病気の為に)いろいろと、自営業なども行ってきました結果としてですが、その1つには「東京大・大学院修了の?「医学博士」「和田秀樹博士」によりますと
|人間の人生の約80%程度はご自身が「40代」の間にどういう事をなされるか?によっておしなべて、その人物のその後の人生も決まってくる!というらしいです。そういう事が書かれてました。

|後は私の場合ですと、やはり、40代に試行錯誤の人生を歩みまして、今もなお「病気療養中」な訳ですがこれは今の「2019~2020~2021年末」までの一応の向こう3か年計画を立てています。

|ただし、その最中にも「cinii論文」等の「カウント」は、増やしていける様に精進もして行こうと考えております。必要なことは、その人が、生きている間に、一体どういう事柄に興味・関心を持ったのか?という事だと考えます。私は「H元年・物理学科卒」=[理学士]ですから、私の残りの人生の「生きがい」「生きる目的」を「cinii論文」をなるだけ多く増やしていく事に置いてます。
                  -----{ちなみに今時点では2桁に達しています。}
|従ってこの場合ですと50代後半以降に、自分の人生を生きていく「目的」が出来ている訳です。

|その辺の事情も考慮に入れた上で、私は(数学者)パスカルよりは、頭脳の出来は良くないと考えます為に、「パスカル」の考えの方に「掛ける?」かの様に、「あの世の掛け捨て保険に入る」事を選んだという訳です。
||(頭脳・知恵において):「(数学者)「パスカル」>>「濱田敏博」(55歳):[理学士]」
|| 故にこそ、私は(数学者)「パスカル」の選択に倣って、残りの人生を生きて行こうと考えるのです。
|「therefore, I wish to talk to you, thank you so much.」!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|「実際、「56歳」の今の私にとりましては、多少の「悪魔?」の様な存在は、もはや、恐れは致しませんのですが、しかし、今の私にとりまして、最近に好んで聞かせて頂いております「(キリスト教の)「教会の聖歌隊の歌」の「新鮮な高貴さ?」とでも、申しましょうか、そうした、大変に「不思議な“聖なる高貴さ”」とでも申しましょうか、そうした(イエス様で表現させて頂きますと)「2千年の愛」という事になりましょうか、それ程までに「気が遠くなる程の“深遠なる聖愛”」という事象は高々「数十年」にしか過ぎない「肉体」に関しての「愛」なんて「(40/2000)=0.02」にしか過ぎず、また「(50/2000)=0.025」にしか過ぎないという数値計算の事実を知るべきでは、ないでしょうか??

|「which I think about so that, if my ocation, I should select the “マジョリティ・デイリー・ライフ”,it should be so that, if I believe the Jezas-pure-love, which matter never takes the body-love, because of body takes never even houndred-years.」
ーーーーーーーーーー「written by, Toshihito-Hamada(56歳)「理学士」:©:::
|◇|『人生の目的とは、何か』~人は何の為に生きるのか?|・高知市内愛宕町|2019/07/18日記:◇:例えば今、太陽光線のことを考えますと、太陽光とは、元来は「1つの透明な光線」から出来ている訳ですが、ここで、「プリズム」と呼ばれる「媒介(分光)物質」に、かけられるときにおいて、太陽光線は「7色の光」へと分かれます!(虹の7色のようにです。)
|しかし、この時において、「自然科学」とは、それ程単純ではございません為に、今仮に、
「8日目の蝉」のように、「第8番目の色?」とでも呼ばれるものが、見つけ出されたとしましょうか。しかし、この時において、「第8番目の色」は、それの「優劣」や「プラス(or)マイナス」かという、分別の「度合い」は、未だ分からない訳ですけれど、しかし、この「聖書」の中の言葉に「重き」を借りて、記述することに致しますと、聖書によれば、「神は自らの似姿になぞらえて人間を造った」という記述がございます。これは、どういうことでしょうか?
|今、ここで、昨今は、多少なりも「動物」にも似ているような「動作」を行う様を見せています「人間」の仲間もありますが。さて、話を戻しますと、この時に「人間」⇒「動物」という構造になっている訳ですが、しかし、この「思考法」は、さほど(現実から)「遠く」は間違ってはおりません。
「時計」は「時計自身」は、自らの「存在理由」あるいは、自らの「存在目的」といった事象を「知る」事は出来ません。なぜならば、「時計」は、ただ「時を刻む」だけの「自動機械」なのですから。あるいはまた、「時計」は、自らより「上位の次元」に位置して存在しています「神」によって、「被造物」として、この3次元物質世界の中へと造り出されて来たもの(存在)であるからです。ですから、「時計の存在目的」を、「時計自身」が知るすべはなくて、その「時計」の「存在目的」を知る「権利」と申しましょうか?あるいは、その理由を「知る」だけの「高次な智座」を持ちたる存在|⇒すなわち、「神」ですとか「高次元天使」などと、呼ばれています存在以上の「存在物」にだけ止まりを限界として、その「目的」を知る事が出来るのでしょう。(あたかも「数列の極限値が「100」止まりまでの「カウンター」の性能では、例えば「10万桁」以上の存在を認識できないという計算機の作りと同様でしょう。)
|例えを用いて表現いたしますと、「被造物」たる「人間」の存在とは、より高次元に位置しています「神」や「高次元天使」などとも呼ばれます存在=「神」や「高次元天使」の「時計」だからです!ですから、そうした「地上人間」の「働き・運動」などは全て「神」や「高次元天使」によって「時間経過を測定する」という目的で使用される訳ですが、他方で「神」や「高次元存在の天使」などの存在は、「高次元数学」や(物理学では)「超弦理論」等」によって、その存在を理論的には、既に予言(記述)されています。(数学や物理学という学問によって。)。但し、未だに「未解決」な問題な事象は、その「高次元方程式」の中に、一体「意識」という「要素」が実在しているのか、どうか?という点が未解決な訳ですね。
|こうした「困難な問題」に直面した「科学者」たちは、おしなべて「哲学者」達の「言葉」に、耳をそばだてて、彼らの「言葉」に頼ります。「プラトン」しかり「ソクラテス」しかり、また「カント」や「ハイデガー」らの西洋哲学史上に残る名だたる哲学者の言葉に学びます!
|翻って、つまり、「高次元方程式」が、(空想でなく)現実の「方程式の解」を理解できる所存・視座にある存在にとってはそうした記述項目は「現実性」を帯びて認識されるでしょう。
|話しを戻しますと、「神の時計」あるいは「高次元天使の時計」として「神により造られた人間」という存在は、「時計は時計」として、日々に「時を刻む」または「時間を時間として運動する」行為こそが、その「時計」の存在目的なのです!
|但し、唯一「時計の様な人間」にとって、本人が、自ら自身の「存在目的・存在理由」を知りたいと欲するときには、その「行為」の為の当然の、学問における「精進」が「博士号」を得るgradeにて求められるでしょうし、その「アカデミックな精進」の後には、それまでは、雨雲を「天井を見る様に」見ていた視座が、一転して、今度は、「富士山」を登るが如くの「精進」を積み重ねた後には、例えば7合目辺りまでに達した時には、今度は「雨雲」を「雲海」を「床」に見る様な智座に至った後には、自らの「元来、何たるか!」あるいはまた、更に上空に位置しています「プラズマ電離層」の「オーロラ」の存在を見るかのごとくに、あるいは、未だ、遥かに「遠くに位置して見えます」『太陽』の位置付けもまた、地上からの場合とは、異なって見える事象に気づくときは来るかも、知れませんね。
|以上が今日の(私)「濱田敏博(56歳)「理学士」:(C):が考察してみました事象です!!
「Thank you so much.」!!!
2019/07/18日記述:in・高知市内・「オーテピア高知・図書館」辺りの住民です!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

||「オフコース」(小田和正・さん)によります『気をつけて』という(非常に】「透明な」〝楽曲”です。こうした「透明さの加減」を知る!という事象もまた1つの「天国的なFeeling」の理解へ繋がる、ような気がしますが、いかがでしょうか!ぜひ、お聴き下さい!!!

https://www.youtube.com/watch?v=jPyvQktrgKU

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|「I had ever heard that in the heaven the side, there are seven Angeles, but nowadays, where they are exist, in the heven? or on the earth in some where?」
|◇|[(引用の)問]:>「虚構を共有する」というのは疎外に関わると思います。
記述するなら、社会全体に行き渡って共有されている虚構が、なんらかの機能をはたしている(利益をもたらしている)ことが重要だと思います。
利益を得ようとする人々の意志がその虚構に注がれて、そういう意欲がエネルギーになって虚構が維持強化される。しかしその虚構は独自の運動をして、こんどは人々を支配・抑圧することもする。これは疎外の過程と言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[answer]:この上記記述には、素晴らしく卓越した要約整理的なる要素を認識いたします!そこで、私はこの中でも「虚構」という「フレーズ」に関しての追求をしてみる訳ですが。この「フレーズ」は辞書によると「作りごと、フィクション、架空現実」とあります。この時に私は「架空現実」の意味について考察する事を選びますが、するとこの時には、(文脈から類推しますと)あたかもエネルギーが虚構、あるいは架空現実に向けて、彼らのベネフィットの為に注がれていたのですが、ここで、「ヘーゲル」を思い出せば、任意の時において、ある「テーゼ」を要求すれば、それは同時に、その対岸にある「アンチ・テーゼ」という事象を示すことになる。そしてこの「アンチ・T」の方が一意的に独自の運動をし始める時において、今までは支配人の側にあったマネージャーの方が、逆の立場になり得る。{但しこの現象は科学の中には「自己組織化」という、いわゆる「雪の結晶」が作られる物理現象として、90年代の半ば頃にはよく聞かれたものです。}
ですから、「アンチ・テーゼ」となった所在の運動を予測する為には、1つには「自己組織化」の科学を再度研究する事が必要になるでしょう。
しかし、現在、人類は既に「AI」を作り出しているので、こうした現象は本来的には計算済みのはずでしょう。「It may be so that.」!!
ですから、次に、我々が思考を戻す地点は、やはり「ヘーゲル」にあって、そこで、ヘーゲルは、こうした両者の対立の結果としては「ジン・テーゼ」と呼ばれる、(止揚)の現象が現れる事を示しているのですね。
ここで、私が自分の考えを投入しますと、おそらく、この現象は「ベクトルの外積」の形式に該当する様に見られます!つまり「A×B=C」という形式ですね。この時に、AはX軸成分を示し、BはY軸成分ですが、それを外積する行為によればZ軸成分としての「C」が現れる訳です。(これらは互いに90度の位相差を持っています。)
そしてこの現象に該当する物理現象には、古典電磁気学の中には既に存在してまして、その1例としまして、
  ∇×E=-∂B/∂t (ファラデーの電磁誘導の法則){maxwell方程式の4個の式中の1つ}
この外積の形式をとります電磁気式は、具体的には、ラジオや電話の原理を示しており、既に「人類の利益」として社会の中に利用されております!!
|とまあ、私の思考の展開では、以上の事までは理解できました!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇||(多少、「すと~り~」が、枝分かれします事を、お許し願います!!
|さて、昨今では、「言葉に継ぐ言葉の上乗せ状態の束?」の様な状況に「論理学」の座までもが、追いやられているかの様に見受けられまして、(元)「テクノス」と致しましては、その「論拠」を既に見出しましたが故に、他の「哲学」や「論理学」の視座にあられます方々に、その実態をお示しさせて頂きまして、その後の「判断」を仰ぎたいと存じます!!(オー・マイ・ゴッド!!)|
|あれは「2016年の頃?でしたでしょうか?いわゆる「忖度という言葉」が流行語?までに至ってしまったという「判定の誤謬」の時はですね。つまり私から見ますと「籠池氏は〝有罪”な訳ですよ」!
|第一にですね、「司法の座」ですらも、その「有罪性」を見抜けなかった?という「無罪判定」?な訳なのですから、私も「元来」は、自らの「身の危険性」は避けたいという人情はありますが。
|答えを提示してゆきますが端的に「忖度言葉」とは「三角関数」の「cos180度」に等しいのです。
|何故か?一例と致しまして、今、「単位円」を考えますと、すべからく全ての数値は、「忖度言葉」に架かりますと「忖度言葉」=「cos180度」を掛けられてしまう訳ですから、全てが「真逆」になってしまうのです。|例えば、(+5)cos180度=(-5).(+Y)cos180度=(-Y)という具合にです。ですから「+100万円の儲け」は「掛ける「忖度」=(cos180度)=「-100万円の損失」となってしまう理屈です!!
|次には、もっと、より深い意味での「忖度言葉のカラクリ」を考察致しますと、それは「絶対値」で「数値」を挟み込むという「手段」に他ならない訳なのです。
||しかし、この「カラクリ」から逃れられる方法は、あります!実際に!!
|今、|±5|=(+5)となっている時において、「Y=K^2」と置きなおして眺めて見る訳です!
|すると、∴Y=(+5)の時に、∴Y=K^2の視座によれば、K^2=(+5)となります!(OK?)
|こうした後に、両辺の「根号」をとりますと、∴K=±√5   従って、解は、
   K=-√5 または、K=+√5  という2種類の解がある事に気づきます!!
|さて、ここで、近似的なる数値解としてでも、その「分別」の為に数値を提示してみますと、
   K=-2.236・・・. :①:          K=+2.236・・・. :②:
|ここで、「マイナス(-)」の「解」を「有罪の数値」、他方、「プラス(+)の解」を「無罪の数値」と見なすような視座から測定致しますと、:「①」:は「有罪」であり、:「②」:は「無罪」となるはずでしょう!{こうした思考の座の事を元来「論理的整合性」ある思考としてました}
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇|私は、いろいろな「出来事」を、より「一般化」をして「表現」してしまう行為が自らの「好きな事」≒「得意技」な様ですので、ここに「90年代」にて一世を風靡しました「金さん銀さん」に意味を寄せる訳でもありませんが、今、例えば「10歳の人」と「100歳の人」にとりましての「1つの問題量」という(多少、物理的な視座に近いような関係性を考察してみたいと思います。
:さて、今、「10歳人にとっての1個の問題」の事を|=(1/10)=[age^(-1)]
 という(印象量的なる)物理量として置いてみます。このときに、では100歳人にとりましての1個の問題量とは、同様な考察より、=(1/100)=(1/10)(1/10)=(1/100)ですから、
  従って、この時には、
        (1/100)=(1/10)(1/10)=0.1A[age^(-1)]
という知覚・感覚的なる物理量の関係がある事に気づきます。更にはこれを援用致しますと、50歳人にとっての1個の問題量は|=(1/50)[age^(-1)]
  となりますから、ならば、50歳の人から見た10歳人の1個の問題量とは、
        (1/50)=(1/10)(1/5)=0.2A[age^(-1)]
 という知覚・感覚的なる物理量として捉えられるだろう事象が予測されます。
◇:以上、つい、最近に私が考えておりました「年齢と問題量の知覚関係」等を少し記述させて頂きました!!
{注}:ちなみにここで導入致しました物理量[age^(-1)]とは、次の様な意味の事です!
 今、10歳の人にとりましての1個の問題量の事を〝1/10”という様式によって捉える事に決めますと、確かに上記・事象は、1/10を記号「A」と置くなら、(1/10)=Aとなる訳ですが、この時に、物理量とさせる為に、適していると考えられる単位を考察いたしますと10歳人にとっての1個の問題量なのだから
  (1/10)=A[1個/10歳]=A[age^(-1)] という様になる訳です。
 {参照の為には周波数[Hz]の基準を調べるとよいでしょう}。

             -------- 『以上:濱田敏博「55歳半」:©:[理学士]』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|(但し、常なる「基本」と致しまして(物理学科卒の為の)「理学士」を得る為には「理工学部」レベルでも「量子力学」と「統計力学」とは(双璧の様な)「単位取得・必須科目」なのです!!!
|⇒「理学士」を「取得する」為には、一切の「弁論」は不必要であって、{しかし、“議論”ですとか“討論・対談など”の「事象」は「アプリオリ」に「現前」している事象は、決して「否定」は行っておりません。「WAHT I WRITTEN DOWN IS TRUE.」ただ「単位取得」のみが要求されるのです。なぜならば「量子力学」や「統計力学」等の専門書の中には「100万言の言葉の説明」ではなくて、その「言葉の意味の〝インテグラル”」にも等しい内容をすべて「物理・数式表現」へと変換する「能力」こそが、(金銭ではなくて)得られた後に初めて「理学士」(号)が大学(理工学部)より「付与」されるのですから・・・・・(それ以上ではありませんが、それ以下でもございません。)あしからず:::::
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|◇::Life is not always smooth sailing. Life is a constant cycle of good times and bad times.
:Huge successes are often followed by huge faileres. The regular cycly of good times and bad times is a part of life that we need to accept.
:Calmly consider whether this is the right time to play your cards. If the tide of war
is against you, it is the wrong time to wage a battle.
:It is difficult to make this desition to retreat.
:If we know that the tide is against us, we must make the decision to retreat.
:In the midst of a cycle of failure, there is nothing we can do but wait a few years
until the right time arrives.
:This is a great solution when you are in a cycle of failure. In the midst of difficulties, remember to relax, sit still, and let yourself become one with the water.
:You may have to stay under water for a year, it could be three years,or it could turn out to be five yeares.
:Predict how long it will take you, and then wait patiently.
:Aim to do what you can today, develop strength, and wait for the right time to come.
:(It maight be, to the point, it may be right, but if these phrases are selected by someone or not, which is no matter for my side. because this is just like a "thought practice" for me.)

:[It is true, it just like some practices to thought about something with some quotation a certain book.]

:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|「池田聡さん「理学士」「which in the valuable is the same as me.」「BS」「obtain」

https://www.youtube.com/watch?v=epfyf6DK0xg&start_radio=1&list=RDepfyf6DK0xg

「あれから」という楽曲です!どうぞ、よろしく、お願い致します!!!
|彼の、比較的に最近の「楽曲」な様です.池田聡くんと、私は、同じ「N大・理工学部・駿河台校舎卒」の「理学士」であって、彼は「栃木県・出身」なのですが、今「55歳」で同い年です!!
|⇒(実話としては、確か「25歳頃」に「JR中央線・荻窪駅」北口・交差点」にて、池田聡さん(当時:25歳)「理学士」と、私(当時:25歳)「理学士」とは、信号待ち時に出会ってます!
|彼は、「自転車」に乗ってまして「カジュアル」な「スーツ」姿.私は、地味な「濃紺色」の「ジャケット」を羽織ってました。(あまり自分に自信が持てなかったのです!当時は!)
|いずれにせよ彼と私は出身大学は同じ「日大・理工・駿台校舎卒」の「理学士」(55歳)です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。
:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!
:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??
::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!
:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!
:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










https://9231.teacup.com/suri_kig_col121/bbs


レンタル掲示板
1068件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.