物理文化論と浅い哲学も???



カテゴリ:[ 趣味 ]


702件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[714] 「人生日々これ「1+1」の加算計算の日々を過ごすこと:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(55)「理学士」:: 投稿日:2018年10月17日(水)16時13分48秒 p130138-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

◇:[ただ何となく]:::ただ、何となくにですが。私は、昨今の「少子高齢化」社会の要求・ニーズからの「シーズ」という点から見ましても、「介護学部」などの「ケア方面・学部」の増加傾向には、致し方ないのでしょうかな?とは、賛同しつつも、ややもすれば「斜陽学科?」のごとくになりかねないような(理工系で言いますと)「数学科」や「物理学科」あるいは、(文系で言いますと)正に「哲学科」や「史学科」などと言いますように、「文系」なり「理工系」なりにせよ、元来、古よりの、その「領域・分野」に関わりますような「基礎・根幹領域」の「学部」や」「学科」を「軽視する?」かの様にも見受けられます、昨今の「応用学科名」の「べき級数的」な増加現象に対しましては、少なからずの「クライシス」を実感しています者です!!
:ありきたりの「言葉」で申しましても、何事に関しても、そこに「基礎」があればこそ、その「応用系」が拡張されていって生じ得る訳であって、その故に、逆に考えると「基礎科目」「基礎学科」なくしては、その「応用系科目」の存立は、その「存立基盤・根拠」をなくしてしまい、あたかも「巨大なハリケーン」の最中を彷徨う「小舟」の様に、その「方向ベクトル」さえもが「見えなくなってしまうことでしょう」「what it means?」そう、こうした現象が、一体、何を意味しているかと申しますと、対象となる「領域・分野」の「未来の姿」が見えなくなってしまうという事象を直接に、示していることになるのです。
:そして、もはや、「手遅れ?」となってしまった場合では、そうした「時代のクライシス」にさえも、もはや「誰も」気づくことさえも無くなってしまう、という事象の現れが「数理的」にも、十分に「予想」されるのです!!
:もちろん「学問」にとっては「プラグマチズム」的な考えの必要性は理解できますが、しかし、「根無し草」は、その未来系は「放浪の旅」へと、地球上を彷徨う姿をとるしかなくなるように、「希望ある未来の青写真」を描いておきたいと、もしも、まだ、願うだけの「良識?」にも似た「感触」が 残っていますならば、手遅れとなるよりも、一歩手前に、何らかの「根幹・基礎科目」に対しての「多少なりの配慮」が、文科省辺りから生じて下さっても、決して「罪」なことではないのではないでしょうか?というように、実感しております。
:どうぞ、一介の「理学士」にしか過ぎません私ごとき「人間」が述べるべきことではないかも、しれませんが、せめて「風の音」程度には、お耳に聞き入れて欲しくて、記述させて頂きました次第です!!
:どうも、ありがとうございます!!!「thank you all of you, so much!」:::










◇:
:「今日の発見」::⇒:::
今、10歳の人の抱く問題を「1/10」[age^(-1)]と記す事にします。次に、100歳の人の抱く問題を「1/(10・10)=1/100」と考える。ここで、「1/10」=Aと記すと、A・(1/10)=0.1A[age^(-1)]となる。つまり「100歳」の人には「10歳人」の問題Aに対して、その知覚・認識量は(0.1)Aだけの分量(物理量)までをしか、実感しないはずです。これこそが「亀のこうより歳のこう」と呼ばれる「古来」からの「諺」をある意味「数式化」が可能になった!と言及できる事でしょう!!(by,濱田敏博(55歳)「理学士」:©::「thank you」!!!!!



:::::::::::「いかがでしょうか?私は、この今日の「発見」は、少なくとも「理数・心理的」には「アカデミック」な「今日の発見」だと「実際、その様に考えますが、いかがでしょうか??」


::ある意味新しい「領域・分野」の始まりの時?とでも言えるでしょうか・・・??


:::いかがでしょうか???(あとは、この関係式をいくらでも「応用系」を作っていくだけでしょう)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::(ちなみに、この「会員名簿」に書かれています「ハマダトシヒロ」の所在は「物理文化研究所」となっておりまして、また、私の「会員ナンバー」も今の番号とは、異なっております。現住所は、「in・高知市民」となっておりまして、また、この会員名簿に「掲載」されています「物理文化研究所」の所在は「南国市」の住所となっております。そして、私はおよそ「3年前」から、もはや「南国市民」ではなくて「高知市民」となっているのです。以上、要注意事項を記載させておいて頂きます。):









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!



::⇒「∫ε光子(think)ε」=「∫εhν(think)dε」⇒「思考するエネルギー体」(人間の「5D方程式」):










https://9222.teacup.com/12345abccba54321/bbs?




[713] 「多様体」など:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(55)「理学士」:: 投稿日:2018年10月17日(水)05時01分38秒 p130138-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

◇:[ただ何となく]:::ただ、何となくにですが。私は、昨今の「少子高齢化」社会の要求・ニーズからの「シーズ」という点から見ましても、「介護学部」などの「ケア方面・学部」の増加傾向には、致し方ないのでしょうかな?とは、賛同しつつも、ややもすれば「斜陽学科?」のごとくになりかねないような(理工系で言いますと)「数学科」や「物理学科」あるいは、(文系で言いますと)正に「哲学科」や「史学科」などと言いますように、「文系」なり「理工系」なりにせよ、元来、古よりの、その「領域・分野」に関わりますような「基礎・根幹領域」の「学部」や」「学科」を「軽視する?」かの様にも見受けられます、昨今の「応用学科名」の「べき級数的」な増加現象に対しましては、少なからずの「クライシス」を実感しています者です!!
:ありきたりの「言葉」で申しましても、何事に関しても、そこに「基礎」があればこそ、その「応用系」が拡張されていって生じ得る訳であって、その故に、逆に考えると「基礎科目」「基礎学科」なくしては、その「応用系科目」の存立は、その「存立基盤・根拠」をなくしてしまい、あたかも「巨大なハリケーン」の最中を彷徨う「小舟」の様に、その「方向ベクトル」さえもが「見えなくなってしまうことでしょう」「what it means?」そう、こうした現象が、一体、何を意味しているかと申しますと、対象となる「領域・分野」の「未来の姿」が見えなくなってしまうという事象を直接に、示していることになるのです。
:そして、もはや、「手遅れ?」となってしまった場合では、そうした「時代のクライシス」にさえも、もはや「誰も」気づくことさえも無くなってしまう、という事象の現れが「数理的」にも、十分に「予想」されるのです!!
:もちろん「学問」にとっては「プラグマチズム」的な考えの必要性は理解できますが、しかし、「根無し草」は、その未来系は「放浪の旅」へと、地球上を彷徨う姿をとるしかなくなるように、「希望ある未来の青写真」を描いておきたいと、もしも、まだ、願うだけの「良識?」にも似た「感触」が 残っていますならば、手遅れとなるよりも、一歩手前に、何らかの「根幹・基礎科目」に対しての「多少なりの配慮」が、文科省辺りから生じて下さっても、決して「罪」なことではないのではないでしょうか?というように、実感しております。
:どうぞ、一介の「理学士」にしか過ぎません私ごとき「人間」が述べるべきことではないかも、しれませんが、せめて「風の音」程度には、お耳に聞き入れて欲しくて、記述させて頂きました次第です!!
:どうも、ありがとうございます!!!「thank you all of you, so much!」:::










◇:
:「今日の発見」::⇒:::
今、10歳の人の抱く問題を「1/10」[age^(-1)]と記す事にします。次に、100歳の人の抱く問題を「1/(10・10)=1/100」と考える。ここで、「1/10」=Aと記すと、A・(1/10)=0.1A[age^(-1)]となる。つまり「100歳」の人には「10歳人」の問題Aに対して、その知覚・認識量は(0.1)Aだけの分量(物理量)までをしか、実感しないはずです。これこそが「亀のこうより歳のこう」と呼ばれる「古来」からの「諺」をある意味「数式化」が可能になった!と言及できる事でしょう!!(by,濱田敏博(55歳)「理学士」:©::「thank you」!!!!!



:::::::::::「いかがでしょうか?私は、この今日の「発見」は、少なくとも「理数・心理的」には「アカデミック」な「今日の発見」だと「実際、その様に考えますが、いかがでしょうか??」


::ある意味新しい「領域・分野」の始まりの時?とでも言えるでしょうか・・・??


:::いかがでしょうか???(あとは、この関係式をいくらでも「応用系」を作っていくだけでしょう)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::(ちなみに、この「会員名簿」に書かれています「ハマダトシヒロ」の所在は「物理文化研究所」となっておりまして、また、私の「会員ナンバー」も今の番号とは、異なっております。現住所は、「in・高知市民」となっておりまして、また、この会員名簿に「掲載」されています「物理文化研究所」の所在は「南国市」の住所となっております。そして、私はおよそ「3年前」から、もはや「南国市民」ではなくて「高知市民」となっているのです。以上、要注意事項を記載させておいて頂きます。):









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!



::⇒「∫ε光子(think)ε」=「∫εhν(think)dε」⇒「思考するエネルギー体」(人間の「5D方程式」):









https://9208.teacup.com/123hamada_bs321/bbs/2



[711] 「ようやく」開通でしょうか:::::???

投稿者: Toshihiro-Hamada(55)「理学士」:: 投稿日:2018年10月16日(火)05時35分51秒 p114031-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

◇:[ただ何となく]:::ただ、何となくにですが。私は、昨今の「少子高齢化」社会の要求・ニーズからの「シーズ」という点から見ましても、「介護学部」などの「ケア方面・学部」の増加傾向には、致し方ないのでしょうかな?とは、賛同しつつも、ややもすれば「斜陽学科?」のごとくになりかねないような(理工系で言いますと)「数学科」や「物理学科」あるいは、(文系で言いますと)正に「哲学科」や「史学科」などと言いますように、「文系」なり「理工系」なりにせよ、元来、古よりの、その「領域・分野」に関わりますような「基礎・根幹領域」の「学部」や」「学科」を「軽視する?」かの様にも見受けられます、昨今の「応用学科名」の「べき級数的」な増加現象に対しましては、少なからずの「クライシス」を実感しています者です!!
:ありきたりの「言葉」で申しましても、何事に関しても、そこに「基礎」があればこそ、その「応用系」が拡張されていって生じ得る訳であって、その故に、逆に考えると「基礎科目」「基礎学科」なくしては、その「応用系科目」の存立は、その「存立基盤・根拠」をなくしてしまい、あたかも「巨大なハリケーン」の最中を彷徨う「小舟」の様に、その「方向ベクトル」さえもが「見えなくなってしまうことでしょう」「what it means?」そう、こうした現象が、一体、何を意味しているかと申しますと、対象となる「領域・分野」の「未来の姿」が見えなくなってしまうという事象を直接に、示していることになるのです。
:そして、もはや、「手遅れ?」となってしまった場合では、そうした「時代のクライシス」にさえも、もはや「誰も」気づくことさえも無くなってしまう、という事象の現れが「数理的」にも、十分に「予想」されるのです!!
:もちろん「学問」にとっては「プラグマチズム」的な考えの必要性は理解できますが、しかし、「根無し草」は、その未来系は「放浪の旅」へと、地球上を彷徨う姿をとるしかなくなるように、「希望ある未来の青写真」を描いておきたいと、もしも、まだ、願うだけの「良識?」にも似た「感触」が 残っていますならば、手遅れとなるよりも、一歩手前に、何らかの「根幹・基礎科目」に対しての「多少なりの配慮」が、文科省辺りから生じて下さっても、決して「罪」なことではないのではないでしょうか?というように、実感しております。
:どうぞ、一介の「理学士」にしか過ぎません私ごとき「人間」が述べるべきことではないかも、しれませんが、せめて「風の音」程度には、お耳に聞き入れて欲しくて、記述させて頂きました次第です!!
:どうも、ありがとうございます!!!「thank you all of you, so much!」:::










◇:
:「今日の発見」::⇒:::
今、10歳の人の抱く問題を「1/10」[age^(-1)]と記す事にします。次に、100歳の人の抱く問題を「1/(10・10)=1/100」と考える。ここで、「1/10」=Aと記すと、A・(1/10)=0.1A[age^(-1)]となる。つまり「100歳」の人には「10歳人」の問題Aに対して、その知覚・認識量は(0.1)Aだけの分量(物理量)までをしか、実感しないはずです。これこそが「亀のこうより歳のこう」と呼ばれる「古来」からの「諺」をある意味「数式化」が可能になった!と言及できる事でしょう!!(by,濱田敏博(55歳)「理学士」:©::「thank you」!!!!!



:::::::::::「いかがでしょうか?私は、この今日の「発見」は、少なくとも「理数・心理的」には「アカデミック」な「今日の発見」だと「実際、その様に考えますが、いかがでしょうか??」


::ある意味新しい「領域・分野」の始まりの時?とでも言えるでしょうか・・・??


:::いかがでしょうか???(あとは、この関係式をいくらでも「応用系」を作っていくだけでしょう)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::(ちなみに、この「会員名簿」に書かれています「ハマダトシヒロ」の所在は「物理文化研究所」となっておりまして、また、私の「会員ナンバー」も今の番号とは、異なっております。現住所は、「in・高知市民」となっておりまして、また、この会員名簿に「掲載」されています「物理文化研究所」の所在は「南国市」の住所となっております。そして、私はおよそ「3年前」から、もはや「南国市民」ではなくて「高知市民」となっているのです。以上、要注意事項を記載させておいて頂きます。):









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!



::⇒「∫ε光子(think)ε」=「∫εhν(think)dε」⇒「思考するエネルギー体」(人間の「5D方程式」):










https://9208.teacup.com/123hamada_bs321/bbs/2



[710] 「今日は今日」「明日は明日」として:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(55)「理学士」:: 投稿日:2018年10月13日(土)21時51分34秒 p114031-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

◇:[ただ何となく]:::ただ、何となくにですが。私は、昨今の「少子高齢化」社会の要求・ニーズからの「シーズ」という点から見ましても、「介護学部」などの「ケア方面・学部」の増加傾向には、致し方ないのでしょうかな?とは、賛同しつつも、ややもすれば「斜陽学科?」のごとくになりかねないような(理工系で言いますと)「数学科」や「物理学科」あるいは、(文系で言いますと)正に「哲学科」や「史学科」などと言いますように、「文系」なり「理工系」なりにせよ、元来、古よりの、その「領域・分野」に関わりますような「基礎・根幹領域」の「学部」や」「学科」を「軽視する?」かの様にも見受けられます、昨今の「応用学科名」の「べき級数的」な増加現象に対しましては、少なからずの「クライシス」を実感しています者です!!
:ありきたりの「言葉」で申しましても、何事に関しても、そこに「基礎」があればこそ、その「応用系」が拡張されていって生じ得る訳であって、その故に、逆に考えると「基礎科目」「基礎学科」なくしては、その「応用系科目」の存立は、その「存立基盤・根拠」をなくしてしまい、あたかも「巨大なハリケーン」の最中を彷徨う「小舟」の様に、その「方向ベクトル」さえもが「見えなくなってしまうことでしょう」「what it means?」そう、こうした現象が、一体、何を意味しているかと申しますと、対象となる「領域・分野」の「未来の姿」が見えなくなってしまうという事象を直接に、示していることになるのです。
:そして、もはや、「手遅れ?」となってしまった場合では、そうした「時代のクライシス」にさえも、もはや「誰も」気づくことさえも無くなってしまう、という事象の現れが「数理的」にも、十分に「予想」されるのです!!
:もちろん「学問」にとっては「プラグマチズム」的な考えの必要性は理解できますが、しかし、「根無し草」は、その未来系は「放浪の旅」へと、地球上を彷徨う姿をとるしかなくなるように、「希望ある未来の青写真」を描いておきたいと、もしも、まだ、願うだけの「良識?」にも似た「感触」が 残っていますならば、手遅れとなるよりも、一歩手前に、何らかの「根幹・基礎科目」に対しての「多少なりの配慮」が、文科省辺りから生じて下さっても、決して「罪」なことではないのではないでしょうか?というように、実感しております。
:どうぞ、一介の「理学士」にしか過ぎません私ごとき「人間」が述べるべきことではないかも、しれませんが、せめて「風の音」程度には、お耳に聞き入れて欲しくて、記述させて頂きました次第です!!
:どうも、ありがとうございます!!!「thank you all of you, so much!」:::










◇:
:「今日の発見」::⇒:::
今、10歳の人の抱く問題を「1/10」[age^(-1)]と記す事にします。次に、100歳の人の抱く問題を「1/(10・10)=1/100」と考える。ここで、「1/10」=Aと記すと、A・(1/10)=0.1A[age^(-1)]となる。つまり「100歳」の人には「10歳人」の問題Aに対して、その知覚・認識量は(0.1)Aだけの分量(物理量)までをしか、実感しないはずです。これこそが「亀のこうより歳のこう」と呼ばれる「古来」からの「諺」をある意味「数式化」が可能になった!と言及できる事でしょう!!(by,濱田敏博(55歳)「理学士」:©::「thank you」!!!!!



:::::::::::「いかがでしょうか?私は、この今日の「発見」は、少なくとも「理数・心理的」には「アカデミック」な「今日の発見」だと「実際、その様に考えますが、いかがでしょうか??」


::ある意味新しい「領域・分野」の始まりの時?とでも言えるでしょうか・・・??


:::いかがでしょうか???(あとは、この関係式をいくらでも「応用系」を作っていくだけでしょう)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::(ちなみに、この「会員名簿」に書かれています「ハマダトシヒロ」の所在は「物理文化研究所」となっておりまして、また、私の「会員ナンバー」も今の番号とは、異なっております。現住所は、「in・高知市民」となっておりまして、また、この会員名簿に「掲載」されています「物理文化研究所」の所在は「南国市」の住所となっております。そして、私はおよそ「3年前」から、もはや「南国市民」ではなくて「高知市民」となっているのです。以上、要注意事項を記載させておいて頂きます。):









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!










https://9222.teacup.com/12345abccba54321/bbs?



[708] 「今日の感想」など:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(55)「理学士」:: 投稿日:2018年10月12日(金)20時13分1秒 p114031-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:[ただ何となく]:::ただ、何となくにですが。私は、昨今の「少子高齢化」社会の要求・ニーズからの「シーズ」という点から見ましても、「介護学部」などの「ケア方面・学部」の増加傾向には、致し方ないのでしょうかな?とは、賛同しつつも、ややもすれば「斜陽学科?」のごとくになりかねないような(理工系で言いますと)「数学科」や「物理学科」あるいは、(文系で言いますと)正に「哲学科」や「史学科」などと言いますように、「文系」なり「理工系」なりにせよ、元来、古よりの、その「領域・分野」に関わりますような「基礎・根幹領域」の「学部」や」「学科」を「軽視する?」かの様にも見受けられます、昨今の「応用学科名」の「べき級数的」な増加現象に対しましては、少なからずの「クライシス」を実感しています者です!!
:ありきたりの「言葉」で申しましても、何事に関しても、そこに「基礎」があればこそ、その「応用系」が拡張されていって生じ得る訳であって、その故に、逆に考えると「基礎科目」「基礎学科」なくしては、その「応用系科目」の存立は、その「存立基盤・根拠」をなくしてしまい、あたかも「巨大なハリケーン」の最中を彷徨う「小舟」の様に、その「方向ベクトル」さえもが「見えなくなってしまうことでしょう」「what it means?」そう、こうした現象が、一体、何を意味しているかと申しますと、対象となる「領域・分野」の「未来の姿」が見えなくなってしまうという事象を直接に、示していることになるのです。
:そして、もはや、「手遅れ?」となってしまった場合では、そうした「時代のクライシス」にさえも、もはや「誰も」気づくことさえも無くなってしまう、という事象の現れが「数理的」にも、十分に「予想」されるのです!!
:もちろん「学問」にとっては「プラグマチズム」的な考えの必要性は理解できますが、しかし、「根無し草」は、その未来系は「放浪の旅」へと、地球上を彷徨う姿をとるしかなくなるように、「希望ある未来の青写真」を描いておきたいと、もしも、まだ、願うだけの「良識?」にも似た「感触」が 残っていますならば、手遅れとなるよりも、一歩手前に、何らかの「根幹・基礎科目」に対しての「多少なりの配慮」が、文科省辺りから生じて下さっても、決して「罪」なことではないのではないでしょうか?というように、実感しております。
:どうぞ、一介の「理学士」にしか過ぎません私ごとき「人間」が述べるべきことではないかも、しれませんが、せめて「風の音」程度には、お耳に聞き入れて欲しくて、記述させて頂きました次第です!!
:どうも、ありがとうございます!!!「thank you all of you, so much!」:::










◇:
:「今日の発見」::⇒:::
今、10歳の人の抱く問題を「1/10」[age^(-1)]と記す事にします。次に、100歳の人の抱く問題を「1/(10・10)=1/100」と考える。ここで、「1/10」=Aと記すと、A・(1/10)=0.1A[age^(-1)]となる。つまり「100歳」の人には「10歳人」の問題Aに対して、その知覚・認識量は(0.1)Aだけの分量(物理量)までをしか、実感しないはずです。これこそが「亀のこうより歳のこう」と呼ばれる「古来」からの「諺」をある意味「数式化」が可能になった!と言及できる事でしょう!!(by,濱田敏博(55歳)「理学士」:©::「thank you」!!!!!



:::::::::::「いかがでしょうか?私は、この今日の「発見」は、少なくとも「理数・心理的」には「アカデミック」な「今日の発見」だと「実際、その様に考えますが、いかがでしょうか??」


::ある意味新しい「領域・分野」の始まりの時?とでも言えるでしょうか・・・??


:::いかがでしょうか???(あとは、この関係式をいくらでも「応用系」を作っていくだけでしょう)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::(ちなみに、この「会員名簿」に書かれています「ハマダトシヒロ」の所在は「物理文化研究所」となっておりまして、また、私の「会員ナンバー」も今の番号とは、異なっております。現住所は、「in・高知市民」となっておりまして、また、この会員名簿に「掲載」されています「物理文化研究所」の所在は「南国市」の住所となっております。そして、私はおよそ「3年前」から、もはや「南国市民」ではなくて「高知市民」となっているのです。以上、要注意事項を記載させておいて頂きます。):









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!










https://9222.teacup.com/12345abccba54321/bbs?



[707] 「今日の発見事項」として:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(55歳)理学士 投稿日:2018年10月11日(木)20時21分58秒 p114031-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:
:「今日の発見」::⇒:::
今、10歳の人の抱く問題を「1/10」[age^(-1)]と記す事にします。次に、100歳の人の抱く問題を「1/(10・10)=1/100」と考える。ここで、「1/10」=Aと記すと、A・(1/10)=0.1A[age^(-1)]となる。つまり「100歳」の人には「10歳人」の問題Aに対して、その知覚・認識量は(0.1)Aだけの分量(物理量)までをしか、実感しないはずです。これこそが「亀のこうより歳のこう」と呼ばれる「古来」からの「諺」をある意味「数式化」が可能になった!と言及できる事でしょう!!(by,濱田敏博(55歳)「理学士」:©::「thank you」!!!!!



:::::::::::「いかがでしょうか?私は、この今日の「発見」は、少なくとも「理数・心理的」には「アカデミック」な「今日の発見」だと「実際、その様に考えますが、いかがでしょうか??」


::ある意味新しい「領域・分野」の始まりの時?とでも言えるでしょうか・・・??


:::いかがでしょうか???(あとは、この関係式をいくらでも「応用系」を作っていくだけでしょう)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::(ちなみに、この「会員名簿」に書かれています「ハマダトシヒロ」の所在は「物理文化研究所」となっておりまして、また、私の「会員ナンバー」も今の番号とは、異なっております。現住所は、「in・高知市民」となっておりまして、また、この会員名簿に「掲載」されています「物理文化研究所」の所在は「南国市」の住所となっております。そして、私はおよそ「3年前」から、もはや「南国市民」ではなくて「高知市民」となっているのです。以上、要注意事項を記載させておいて頂きます。):









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!










https://9222.teacup.com/12345abccba54321/bbs?



[706] 「NHK」は、政府の広告塔(課税を失くせ)!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(55歳)理学士 投稿日:2018年10月10日(水)19時36分55秒 p114031-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::(ちなみに、この「会員名簿」に書かれています「ハマダトシヒロ」の所在は「物理文化研究所」となっておりまして、また、私の「会員ナンバー」も今の番号とは、異なっております。現住所は、「in・高知市民」となっておりまして、また、この会員名簿に「掲載」されています「物理文化研究所」の所在は「南国市」の住所となっております。そして、私はおよそ「3年前」から、もはや「南国市民」ではなくて「高知市民」となっているのです。以上、要注意事項を記載させておいて頂きます。):









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!










https://9222.teacup.com/12345abccba54321/bbs?



[705] 「参考:資料の提供」です:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(55歳)理学士 投稿日:2018年10月 9日(火)18時28分8秒 p114031-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:一般に(偏りの無い)「学問・科学」を、学ぶためには、多少の「哲学」等も、必要でしょう!!!










:::いろいろな学問・アカデミックな本は、あるものでしょう:::::










https://9222.teacup.com/12345abccba54321/bbs?



[704] 「人工授精」は「1990年」からありました!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(55歳)理学士 投稿日:2018年10月 9日(火)18時16分21秒 p114031-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::(ちなみに、この「会員名簿」に書かれています「ハマダトシヒロ」の所在は「物理文化研究所」となっておりまして、また、私の「会員ナンバー」も今の番号とは、異なっております。現住所は、「in・高知市民」となっておりまして、また、この会員名簿に「掲載」されています「物理文化研究所」の所在は「南国市」の住所となっております。そして、私はおよそ「3年前」から、もはや「南国市民」ではなくて「高知市民」となっているのです。以上、要注意事項を記載させておいて頂きます。):









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!










https://9222.teacup.com/12345abccba54321/bbs?



[703] 「病原菌のリサーチ」の際に「数学」を使う1例等:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(55歳)理学士 投稿日:2018年10月 8日(月)20時05分50秒 p114031-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:「コーシーの積分公式」の応用などの考察::: 編集する2018年10月04日21:55全体に公開 みんなの日記 10 view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::今日、多少考えてみました要件と致しまして、「コーシーの積分公式」を用いる事を予想しまして、


   f(z0)=1/(2πi)∫f(z)/(z-z0)・dz   ―――(コーシーの積分公式)

:今、半径「r」の球の表面積は「S=4πr^2」という事は分かっていますから、この事象に関して次の事が類推されます。
:すなわち、もしか、「ホーキング博士」が記述されていたことは、「コーシーの積分公式を使う事によって、B・ホールの内部情報は、その全てが表面積「S」の中に映し出されている」・・・①
という事象を説明されたのではないでしょうか??

:今、仮に上記の記述が正しかったと考える事を前提として、以下の類推へとつないでいきます。

:ここで、①事象を前提事象として考えると、今、例えば、水分子「H20」1個を、上記と同様の1個の球体として考えるとするならば、1つの水分子「H2O」の中に潜む病原体のミクロレベルでの統計的情報は、分子化合物レベルまででは、「見えない」かもしれません。
:しかし、ここで、①事象と同様の事を考えてみると、(水分子という球体の)「内部の物理的構造の情報の全ては、その水分子「H2O」球の「表面積S」に、内部情報の全てが映し出されている」というブラック・ホールの概念を当てはめる事により、「H2O」の内部構造の中に、」ある「方程式」は、マクロレベルでの1個の球「H2O」(エイチ・ツー・オー)分子の表面積Sに、その内部の(例えばf(z)=0)病状を示す物理方程式レベルの情報(病状)を、まさに、「医学的視座」を調べる事により、理解されるようになることでしょう。

:一例として、仮に今、「H2O」(エイチ・ツー・オー)の例で、X=H2, Y=O(オー)とおくと、

  X+Y=H2O(エイチ・ツー・オー)であり、また、この水分子が「2個分だけ掛け算的に集まった時」にのみ、生じる病状「D」が、あるとすれば、

 D=(H2O)^2=(X+Y)^2=(X+Y)(X+Y)=X^2+2XY+Y^2  これを元に戻すと、

 X=H2,  Y=O(オー), だから、

 (H2)^2+2(H2O)+(O)^2  ――――(◇)

 という」(◇)式の分子構造が」出来上がった時にのみに、新種の(分子レベルの)病状の発症が予想される事に至るのでしょう!!!


:::「written by, 濱田敏博(55歳)「理学士」:©::




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私が〝20歳”当時、山手線沿線の「JR有楽町駅」降りて、すぐに「有楽町マリオン」の十数回にて(確か「阪急デパートの十数階にて」観ました「ネバーエンディング・スト~リ~」という「映画」です!

:ぜひ、ご覧下さい!!!


https://www.youtube.com/watch?v=zeRoEBvBL4Y



::{この映画は、「虚無」という、あらゆる事象を消し去ってしまう現象を意味する雲状のものがやってきたのですが、まだ歳若き「アトレーユ」は「幸運のドラゴン:ファルコン」と共に、「勇気」と「情熱」を持って、いろいろな出来事に対処していきました。}:::










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:::一部に「心無い」無関係な第三者を、容赦なく「傷つける」ような「共同正犯」的なる「誣告罪」という犯罪に該当するような「所在」があります事を「ウワサ」としてお聞きたしました事は、確かにございますが・・・。



::従って敢えて(強く言及いたしますと、私は「大卒」では、ございません!!


::私(濱田敏博)「理学士」(55歳)は、ちょうど「25歳」の時に、東京都内は山手線の中の「JR中央線、および、JR総武線沿線の「JR御茶ノ水駅」南下にありました「日本大・理工学部・物理学科卒の、単なる一介の「理学士」でしかありません。
:この「理学士号」は、平成元年3月に「日本大学・理工学部」様より(当時:25歳でした)私(濱田敏博)が東京都内在住時に、頂きました(物理学科卒によります「理学士号」なのです。




:従いまして、私はその後30年間が経過いたしました現在(55歳)におきましても、それ以上でもありませんが、また、それ以下でもございません!!


:あと「誤謬」の無い為に言及いたしますが、我が母校「日本大学」には「大卒学部」などという(デタラメな?)「学部」は、東京都内にもまた「千葉県内」のどこにもございません要件をこそ、ここに明記させていただきます!!それこそが、本当の「理学士」の「エビデンス」とでも、言及致します権利はあります「証左」とでも言えましょうか!!??





::どうぞ、一切の「デマ」などに、誤魔化されません様に、よろしく、お願いいたします!

:また、あと1つ強く進言いたしますと、私は「日本物理学会:正会員」で、ございます!!



:::以上です!!どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!








:(ちなみに(単なる)「小説家」の方は「日本物理学会:正会員」にはなる事は出来ませんので、悪しからず、ご了承願います!!!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:まあ、私も、今までに「いろいろな「cinii論文」は提出&認知されておりますので、後は、続けるべき事は続けていきながら(アカデミックな内容等)あとは、「安定・安心」出来るような「生活」を求めていくべきなのかも、しれません。まあ、「評価」という名の「結果」は、一定の「活躍」の跡から得られてくるべき、ものなのでしょう。
:まあ、そのように、結構、ゆうちょ?な気持ちで焦らずにいようかとも考えております。
:やはり、基本は、日々の「小さなプラスの積み重ねの行為にある!」と考えておりますので。
:それでは、どうも、ありがとうございました!!!
:「thank you all of you.」!!!!!










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇◇:この秋(September)からの「おすすめ」の「動画」です!!!





:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!



◇:https://www.youtube.com/watch?v=PesRe1JUfms






◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::ところで、話は変わりますが、私は、多少の「縁」によりまして、(確かにその「ドゥルーズ」という人物(どうやら「哲学者」の様ですが)の名前は、私が「日本一の古本屋街」の「JR御茶ノ水駅下⇔「神田神保町界隈」にて、学んだり、乱読の一歩手前まで行きそうにもならず、やはり、「数学」や「物理学」などの「専門書」を中心にして、本を買い、また読んでおりました、我が「20代・前半頃」の「日本大学・理工学部:御茶ノ水校舎」=「駿河台校舎」にて、「日大・理工・物理学科の2年次以降」は、(2留年卒の)「平成元年」までは、かなり頻繁に、その(庭のように?)神田神保町界隈を、歩きながら古書店等に立ち寄ったりしていました「of my youth days」を、多少の懐かしさを伴って、思い出したりもしております。
:しかし、現実的には「今は昔」という諺の述べる通りでございます。


:やはり、人生、日々これ「1+1+・・・」という「加算計算」の毎日を(積分の様に)ただ、ひたすらに、平凡な日々の「積み重ね」の行為こそが、今にこそ、求められ得る大切な出来事なのでは、ないのかな~~と、しみじみと、そのように実感しております今、昨今の私なのです。従ってもちろんの事象と致しまして「2020年」の「東京オリンピック&パラリンピック」というお国を挙げての「スポーツの祭典」は、自明の理のごとくに、郷里の(現住所辺りの)「in・高知市内」から「TV」や「ラジオ」等の媒介して、遠巻きにして拝見させて頂きたいと予想致しております。(なぜなら「物理学」や「数学」と、他方「スポーツの領域・分野」とは、たとえ「大学・学部」レベルにしても、なお「学部」も異なりますし、また、「数学科」や「物理学科卒」という意味と「スポーツ科学部?」卒の方々とは、その学ぶ学科の内容にせよ、全くの「別分野」の方々同士の「畑違い」の様な出来事なのですから。それを「強引に繋げようとしても、そこには「数学者」の考案の1つにして「デデキント切断」という「集合論」におけるはっきりとした(数学的な)「切断面」が「満月」を見るよりも「昭らかな」出来事=数理的な「現実事象」として、大きく横たわっているのですが・・・ご存知でしょうか???



:ですから多少なりにも、その「デデキント切断」という「数学者」の発見により描写されておりますその「切断事象」に関しては、高々「ポン大:理工:物理学科卒」の一介の「理学士」にしか、すぎません「濱田敏博」(55歳)「理学士」には、その「デデキント切断」という「数学の事象」を、どの様にすれば「接合」が出来得るのか、私には全く皆目、見当も見つけられません::(ただ、「数学の規則」は「(単なる)「言葉の規則」よりは、遥かに、あたかも「数理の神」が定められました「数式」のごとくに思えまして、私なんぞは、高々「忖度?」言葉によって、その「数学者」の発見された「デデキント切断」の「不都合」に対して「言葉で都合を付ける?」等という行為は、(私は「神」では当然にありませんから、その「数学者」の定めた「数理式」を「言葉」を曲げる行為によって「打ち破る?」等という暴挙には、「理学士」名に誓っても、そんな「出鱈目な」(その意味では「野蛮な」)強制行為に出る事は「数理の神」の「実在」を信ずるが故に、恐ろしさを感じてしまいまして、私には「理学士」号を「放棄」してまでに至るでしょう「出鱈目さ加減」な「野蛮な行為」には手を出す事は出来ません。


:::なぜならば、はっきりと申しまして、私は(歴史上の「数学者」デデキント・よりも、自分「理学士」の方が「数理的な知能」が高い?などとは、到底考えられません。それが真実なのでしょう・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今、もしも、自らの「失敗」により、何らかの出来事が為されなかったとしても、そういう時において「忖度」言葉を使うことにより、自ら自身の「過ち」を「他者」へと、その責任転嫁たり得る「自己欺瞞」の「自己正当化」なる行為を行ったとしたならば、もはやその「行為」を行った人物に対しては、おそらくはすべからく全ての出来事に関して、「正当性」は得られなくて当然の様になるでしょうし、また、そうなる事こそが、残された元来の姿であると言及出来るのかも、しれません。「I seem so that.」:「thank you.」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⇒:[もしか、今でもなお、「思い出す」事が可能であるのならば、その「姿勢」は「1990年~1991年」の頃にありました、「長渕剛・さん」が主演の『湖面の月』の様な姿勢・態度をこそ、求めるべきではないでしょうか:::??


⇒:それは、たとえ、どのような「出来事・事象」が、あなた方や私の「周辺」に現れて来ようとも、少なくとも「神仏の実在」を信じるのならば、少なくとも「湖面の月」の姿をこそ「require」すべきでしょう!

⇒:あと「劣等感」を感じるのは、自ら自身が、自らが招いた「failure」を実感していらっしゃるからに他ならず、その原因を「他者」に「責任請求」を押し付ける?とでも、申しましょうか?そのような「a cowardly people」の立場を持つのではなくて、ただ「passion」を(より良い)「学問」に投入してあげればいいだけの事では、ないでしょうか?その時には、だれでも「法学士」や「哲学士」や「理学士」号などは、左程の困難もなく得られることでは、ないでしょうか??かつて25歳の時に、私も(2年留年後に)「理学士」号を「日大・理工学部」様より頂く事が出来ました!!!「what I written down is true.」!!










https://9222.teacup.com/12345abccba54321/bbs?


レンタル掲示板
702件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.