Xジェンダー総合相談室

Xジェンダー及び性別違和に関しての総合相談所です。基本的には管理者は関与いたしません。ここをご覧になった方々など特定ではなく多くの方からご意見などが出るように活用ください。ないとは思いますが、管理者へのご意見又は個別回答ご希望の方はTwitter(tia_shino)のみで対応しております。twitterをご利用でない方は最下段の問い合わせフォームをご利用ください(emailになります)



カテゴリ:[ 個人的な話題 ] キーワード: Xジェンダー セクマイ LGBT


134件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[137] 自分の居場所

投稿者: そ ら 投稿日:2018年 7月15日(日)23時18分18秒   通報   返信・引用

今日初めてこの掲示板を見ました。


文章がめちゃくちゃですが、素直な今の気持ちです。
自分で自分がわからず、今まですごく苦しかった。
女性がほとんどの職場で、年々、夏の懇親会では浴衣を着る流れになっていて、ほとんどの人が浴衣を着てくること。嫌で嫌で仕方ない。
女性らしい格好が耐えられない。
けど男性になりたい訳でもない。
自分で自分がわからなかった。
以前、大切な友達の結婚式の時も、なぜ女性用か男性用の服しかないのか?
服装がハッキリ別れているのか?
服が嫌で行くことが嫌で嫌で仕方なかった。

身体は女、でも身体が男の人を
好きになれないことは23歳になってようやく自分を理解した。

そして今日やっと、見つけた。
自分がxジェンダーであり、同じような気待ちの人がいるということ。

この掲示板をみて、安心した。すごく嬉しい。同じ境遇の人がいる。
仲間が欲しい。もっと色々話したい。




[136] この歳まで

投稿者: だあ 投稿日:2018年 7月11日(水)02時29分7秒   通報   返信・引用

30代半ばの男です。
10代の頃、女性は精神的に好きで、肉体的には男性が好きでした。でもどちらが本当に好きなのかわからず、自分自身も女性になりたいのか、男として生きたいのかわからず、20代でミックスパブで働きました。そこで女性ホルモンをさせられたのですが、自分の身体が女性化する事に違和感を覚えつつも女性的な感覚で男性に求められた時は幸せでした。しかし女装をしても自分らしく感じず、男性の服を着てもしっくり来ず、丁度当時はユニセックスな服も流行っていたため、なんとかなってました。

ある日身体を壊し、入院を機にホルモンは辞めました。医者からやめなさいと叱られました。親もやめてほしいと。体調も悪くホルモンどころじゃなくなり、そうこうしているうちに、女性的な感覚で男性と付き合うのはよそう。ゲイなんだ。と思うようにし、ゲイとして二丁目などで遊んだり出会ったりしました。けれど、男性として男性を求める感じに違和感があり、そんな中20代後半で転職した先で女性から告白されました。健気で優しく一緒にいて落ち着く感じがして、数年お付き合いをした後、結婚しました。

しかし結婚と同時に益々自分自身がわからなくなり、相手を騙して生きている罪悪感にもにた感情と自分を偽っている感覚からストレスとなり後に離婚しました。

自分は男なのか女なのか最近までわからぬまま、職場では男女の差別より、男女と別けるそれ自身の世の中に苛立ちを覚えながら、地位、立場的に男として、存在振る舞う日々です。そんな中先日ニュース記事でXジェンダーが特集されており、読み進めていくうちに、コレだ!と空白のパズルが埋まった感覚になりました。

似たような方がいらっしゃるのだとすぐにユーチューブなどで調べました。また同じような方と会って話がしてみたいと思うようになりました。すでに30も半ばとあって気づくのが遅いと感じていますが、同じような方と交流できる場があれば、教えて頂きたいと思います。



[135] 気付けて良かった

投稿者: ヒロミ 投稿日:2018年 6月20日(水)09時11分4秒   通報   返信・引用

子供の頃、赤いランドセルに拒絶して、中学生の頃、セーター服に拒絶して。
僕や俺という言葉遣いもあいまって、随分イジメを受けて引きこもりになり、社会不適合者になりました。
それでも、自分が何者か分からなくて、随分苦しみました。
自分は女ではない。けれども男になりたいわけでもない。これは、テレビで見るようなオカマやオナベと称される人等とは違う。そう思っていました。
でも、ある日テレビを見ていると、そのどちらでもない性認識を持つ人が話しているのを聞いて、自分が抱いていた違和感に納得することが出来ました。
自分は女では無いが男でも無い。ただ、男っぽいが男になりたいわけでもない。
こんな中途半端な性別も、この世にあるんだと認識したとき、それまで抱えていた自分への違和感に折り合いが付きました。
これまで分からなかったストレスの原因も、自己認識と共に解消されました。
自分がどんな言葉に傷つき、どんな場所に行くことが嫌で、どんなことを強要されることが苦痛か。分かったこと自体が良かったと思います。
これからも苦しいでしょうが、自分の人生を自分らしく生きることを、これから心がけて生きたいと思います。



[134] やっと違和感に名前がつきました

投稿者: とも 投稿日:2018年 6月12日(火)00時23分58秒   通報   返信・引用

乱文失礼致します。

歳の近い男兄弟と育ち、昔から「ボーイッシュ」という路線の女の子として認識されていました。

中学ではいわゆる「女子」のグループにも「男子」のグループにも入れずに孤立し、不登校として過ごしました。
女子のグループに入れなかったのは、オシャレやジャニーズ、メイクなどにまったく興味がなかったことが原因でした。(男子のグループに入れなかったのはただ単純に第二次性徴が来ており、見た目が違ったことが原因かと)

なんとか高校(女子校です)には進学し、そこで初めて同性に本気の恋をし、その時は「ああ、自分は女の子も好きになれる人」だったんだと思っていました。
その後、その同性の子が好きなまま普通に男性ともお付き合いをしました。もちろん長続きはせず、自分はレズビアンなんだと思うようになりました。
幸い、レズビアンだとカミングアウトしても受け入れてくれる友人に恵まれ、応援されながら(?)高校生活を終えました。

大学生になり、共学の大学に進学すると、すぐに自分が浮いていることを認識しました。周りの女性は皆、きちんと化粧をし、女性だとひと目でわかる服装をしていたからです。
一方の自分は、ベリーショートにほとんどノーメイク。性別を間違えられることも多々ある見た目です。

メイクやスカート、可愛いものに抵抗はありません。ですが、「女らしさ」を強要されることに強い嫌悪感を感じることに今さらになって気づきました。
メイクはマナー、スーツはスカートにパンプス、バイト先の制服が女子はピンクのシャツ…など、「女」であることを強制されるとどうしようもない気持ち悪さに襲われます。(女の子なのに○○が好きなんだ、女の子だから○○だよね~、というのが苦手です)

何よりも苦痛なのが一人称を「私」にすることです。(この文章でも「私」は使っていません)
昔から「私」という一人称は苦手で、高校に入りバイトを始めるまでは「俺」を使っていました。

本当に使いたい一人称はずっと「僕」で、創作の中や空想にはずっと「僕」を用いていました。

自分より先に自覚をされている先輩の方々のお話を頂戴したく投稿させていただきました所存です。

Xジェンダーを自覚したのがつい最近のことで、まだまだ混乱しているため文章が乱れてしまっています。申し訳ありません。



[133] ずっと抱えていた違和感は

投稿者: キョウ 投稿日:2018年 5月 2日(水)21時15分7秒   通報   返信・引用

此方を見付けたので、書き込みさせて頂きます。俺は体は女として生まれました。しかし、幼少時に保育園のイベントで口紅を付けられた事が嫌で泣いていたのを未だに鮮明に覚えています。
その時には既に「女の子」と言う姿形が嫌だったのだと、たまに思い出してはぼんやりと考えています。

小学2年の時には髪の毛をショートにして、外でからだを活発に動かしていました。下に弟が2人いた事もあってか、「女の子らしい遊び」「女の子らしい格好」は嫌でした。勿論、同性の友人も居ましたがあまり女の子らしいと言う感覚で付き合いはしてなかったと思います。
思春期には更に髪の毛をショートにして、ボーイッシュだった友人の姿を見て真似するようになりました。中学時代は苦痛でした。スカート、体の変化、恋愛への興味、性への知識…上げればキリがありませんが、とにかく自分を女だと認めるのが嫌で嫌で仕方なかった。高校も中退して、女らしさを強調するような場所は避けていました。
自傷もしていましたし、何よりもこんな自分は気持ち悪いと、理解されないともがいていた。
メイクはしません。服装は殆どメンズ物です。三十路に片足突っ込んでますが、恋愛経験ありません。ただ男女共に、好みの人を見かけたらドキドキします…。
女として結婚、出産は有り得ない。パートナーは欲しくないと言えば嘘になりますが、きっと難しいと思います。

唯一の救いで、理解者だった母だけは「あんたはあんたのまま、私の子どもだよ」と笑ってくれました。
そんな母は数年前に天国へ旅立ち、今は空っぽな日々。
そして最近になって、自分の性別と体の違和感の根本は何だろう…と探していたらXジェンダーと言うカテゴリにたどり着きました。ちょっとだけ気楽になれた気がします。
体は女だけど、どちらでもない。たまにどちらかに傾いてるかもしれないが、俺は女じゃない。外に出た時の一人称を「俺」と「私」で使い分けるのに悪戦苦闘してます…
周りになかなか仲間が居ません。それでも自分を受け入れていきたいと思います。



[132] 独り言

投稿者: 木下 投稿日:2018年 4月29日(日)21時27分44秒   通報   返信・引用

ずっと我慢していたけど、今日特に辛くなってしまったので投稿させていただきます。
小学生のころから自分の性別に違和感を持っていました。アンケートやこういった文章でさえ自分を「女」だと認めたくはありません。幸か不幸か身体はあまり女性的ではないけれど、それでも男性に比べると違います。思春期は性の違いに苦しくなりました。
高校まで校則があってメイクや基本的にオシャレは厳禁だったので、スカートさえ我慢すれば…と三年間過ごしました。卒業すればスカートを無理して履かなくていい!と思っていました。
でも成長するにつれて女はメイクして当たり前のような空気になっていきました。しないわけにはいかないので、今の時代は男もメイクする、って自分に言い聞かせて頑張りました。
専門に入ってから、就活用のスーツで学校に行く機会がありました。カッターシャツにパンツスーツを着ていったんですが、「女性は開襟のシャツにヒールがいい」と指摘を受けました。そこで少し疑問に思いました。ヒールはともかく、どうして襟を開ける必要があるのか。
店に行って、パンツスーツが良いと言うと「面接時は絶対スカート」と言われました。スーツのスカートって膝丈のタイトスカートです。足が出るし、体に合ったサイズで着なきゃいけないから、体の線がはっきりと出るんです。試着して泣きそうになりました。鏡に映った自分がどこから見ても女だったんです。慣れないヒールも女性的で、死にたくなりました。
メイクに嫌悪感はないし、裾が長いワンピースやロングスカートなら頑張って履けるようになりました。可愛いものだって嫌いじゃない。でも露出があるものやタイトなスカート、体型が分かるものは着ると気分が悪くなります。もっと背が高かったら、男物もちゃんと着こなせたのに。
自分にも腹が立つし、「男/女はこうすべき」みたいな風潮も大嫌いです。
長文ですみませんでした。



[131] 自分がわかりません

投稿者: ろくろ 投稿日:2018年 4月23日(月)21時08分54秒   通報   返信・引用

自分の体の姓は女です。
物心ついた時には自分が女であることがなんとも思ってなかった気がします。小学校中学年頃に一人称を自分の名前から私に変える努力もしました。特に何も思わず、女はこういうのが普通と思って私と言っていました。
高学年になる頃、女の子らしくと言われるのに強い嫌悪を示すようになりました。中学校に入る時、制服を着なければいけなくて、スカートが嫌でした。
誰かに反抗したわけじゃないのですが、一人で悶々としながら中学生になりました。それでも周りがそうしてるから、そうしなきゃいけないものだと思って渋々スカートをはきました。
自分は女じゃない、女じゃなくなりたい、そう何度も思いました。
でも、全て中二病で片付けられてしまって、自分でそうなんだと思い込ませるように、自ら中二病を名乗りました。
腹の中真っ黒で頭ぐるぐるして自分がなんなのか分からなくなりました。
高校へ上がり、制服にスラックスのある学校だったので即座にそれを選び毎日着ています。でも周りからは、どうしてスカートをはかないのかと何度も言われています。その度にどうしてスカートじゃなきゃダメなのかとイライラするのと共に、悲しくて苦しくなります。
女子と同じ更衣室で着替えることに抵抗は覚えない、一緒にお風呂に入ることも出来る、髪を長くしているしそれに抵抗はない、こんなのはきっと性同一性障害じゃないんだと思いました。別に心が男なわけじゃないからFtMじゃない、ならやっぱり中二病なんだって。
でも、高校で過ごすうちになんとなく思うようになったことは、女とは思えないし女じゃなきゃいいのにと何度も思っているけれど、男とも思えてないしそうなりたいとも思っていない、ということです。
それで調べたところ、Xジェンダーという言葉が出てきました。正直自分がそうかはわかりません。
ですが、このままスカートスカートと言われ続けるのは苦しいものがあります。カミングアウトするにしても、信じてもらえないと思っています。父はそういうことを受け入れない人なので、どうしたらいいのか、という感じです。

長文失礼しました。
少しスッキリしました。



[130] 考えて居ます

投稿者: まる 投稿日:2018年 4月22日(日)20時48分41秒   通報   返信・引用

こう言ったところに投稿するのは初めてです。もし言葉が不適切だったらすみません。自分は自分自身のことを女性が男性どちらかに当てはめられるのは苦痛だと感じることが多いです。自分の性別は女性ですが、女性らしくしたいとは思いません。しかし男性らしくなりたいとも思えません。一人称は幼稚園の時から私を使ってますが男性とも女性とも取れない一人称だからです。幼稚園の時からそう思って使ってました。自分にとって気楽な生き方をしたいと思うのですが、女なんだからもっとこうしろなどと周りに言われるとストレスを感じます。周りにそれを理解されることは無いというか、こう言ったことを話すことが難しいです。うまく言葉にできません。いつか似たようなことを考える人と実際に会って話してみたいと思っております。



[129] Re: 僕も同じですよ。

投稿者: kuu man dakedo 投稿日:2018年 4月22日(日)14時19分36秒   通報   返信・引用

僕は中性、 xジェンダーですかね。
3歳の時からオヤ?って感じでした。
身体は女性、これはok.
心や生き方は中性、これもokという感じです。
そして僕も脳に傷があり、特定疾患かつLD(学習障害)です。
でもそれもokです。
今は同じ様な xジェンダーの友だちができたらいいなと思いながらまったりと暮らしています。



[128] 自分のことがわかりません

投稿者: 投稿日:2018年 4月 2日(月)13時55分54秒   通報   返信・引用

僕は体は男性なのですが自分の性別が男性だとは思っていません、男性の考えというのも理解は出来ますが共感はできません。女子の集団にいるほうが自然でいられるし服装も女性的です、だから最初自分はMTFではないかと思ったのですが自分が女性として認識されるのには違和感を感じます。
僕はこれまで自分のことを周りを見て決めてきました。一人称も私的な一人称である「俺」、公的な一人称である「僕」の典型的な形です。周りを見てなるほどこういうものなのかとすんなり受け入れ自分を作ってきました。だからこれまで自分に対して違和を感じたことはありませんでした。けれど思春期で男女で集団が分かれて恋愛というものの存在が大きくなってくると次第についていけなくなりました。
僕は自分のことを男性だとも女性だとも思ったことは1度もありません。世間では性別は重要なアイデンティティとなっていますが僕はどうでもいいとすら思っていてそれを物事の判断基準に用いることが理解できません。○性だから何々をするものだ、とか何々なのだというのが僕の中にはなくこれまで自分を性別で認識したことがありません。だから服装が女性的なのもただただ服の趣味的な話であって女装をしているという感覚はありません。自分が無性なのではとも思ったのですが女装をしている感覚ではないし自分はマネキンになりまいとは思いません。男性器は取りたいとは常々思いますが仕方ないと納得させることができます。
性別なんて関係なく生きたくても世間はそれを許してはくれません、性別違和があるのならそれが何(呼称名)なのかを問われどういう形なのか提示する必要があります。なのでやはり自分の性別を知らなくてはなりません。親は僕の服装を見てMTFだと思っているようですそれは違うと言いたいのだけれど自分のことを何と言って説明すればよいのかわかりません。また僕的には無性に近いように思うのですが上記の状態からして定義から反れているように思えて自分がそうだと言うことが不適切な気がします。僕はxジェンダーだと言ってもよいのでしょうか、無性だと言ってもよいのでしょうか。

追記
僕はADHDを持っているので自認の歪みはそれが要因として大きいと考えられます。なのでただの思い込んでる奴の可能性も充分に大きいです、もしそうならご指摘いただきたいです。


レンタル掲示板
134件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.