teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 27日(日)練習の件(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:698/1773 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

別大マラソン結果

 投稿者:手嶋  投稿日:2012年 2月 7日(火)10時50分26秒
  通報
  当日は絶好のコンディションの中、1796人〈エントリー2100人〉が疾走。敬称略。

★平岡2・41・41〈18・36。19・00。19・05。19・21。19・00。18・56。19・33。19・38。8・32〉1・20・12。後一歩の所で2・40・00切りの壁が続く。30K以降のスタミナが課題。

★安部2・46・48〈19・36。19・26。19・24。19・27。19・29。19・24。19・31。20・30。9・51〉1・22・07。35Kまで見事なペースで走る。ラスト7Kでややペースダウンしましたが自己ベスト!

★平野2・52・21〈18・34。19・01。18・57。19・05。18・51。20・12。22・28。24・50。10・23〉1・19・44。年明けて体調不良気味でしたが、何とかポイント練習出来て臨んだ別大でしたが、25Kで終わる。2・40・00切りは次回持ち越し。

★白星2・54・09〈19・12。19・10。19・05。20・02。20・35。21・23。22・14。22・34。9・44〉1・21・58。順調に練習出来ていたのですが、足のケアが不十分でやや悪くその影響で15K以降は厳しいかったみたい。2・42・00以内は狙えたのですが。

★田内2・54・39〈20・46。20・40。20・27。20・45。20・25。20・31。20・37。21・02。9・26〉1・27・03。防府と合同はやや突っ込み気味でレースは失敗でしたが、さすが田内会長!きっちり練習で仕上げ、ペースも考えて?ほぼイーブンの走りで最後まで行けた感じ。60歳でこの走りは見事。

☆宇都宮2・56・37〈20・53。20・44。20・52。20・57。20・49。20・45。20・54。21・19。9・24〉1・28・00。今シーズンは50周・ハーフ・75周と自己ベストを出す調子の中で臨んだ別大。大会直前に、ロード走っていて倒れたポールに引っかかり顔面強打したにも関わらず、不屈の精神で見事なラップで刻む走り。内田・原田と一緒のグループで走り、30K以降もペース維持して、2人を置き去りにしてゴール。43歳で自己ベストは凄い!3位も凄い!

★内田2・57・08〈20・52。20・46。20・44。20・48。20・45。21・16。21・18。9・34〉1・28・01。32K付近まで宇都宮に食い下がるも徐々に離される。しかし、久しぶりのサブスリーは嬉しい結果。

★原田2・57・37〈20・52。20・45。20・47。21・03。20・50。20・52。21・18。21・37。9・33〉1・28・01。同じく32K付近から宇都宮から遅れだし、内田と一緒に走る展開になる。結果、防府に続きサブスリー達成の自己ベスト。トラック10000、38分台で走れることを考えたら、後半まだ行けてもおかしくは無い。

☆佐藤3・01・11〈20・54。20・52。20・53。21・26。21・24。22・00。21・51。22・09。9・42〉1・28・46。後一歩でサブスリー逃す。今期は、5000・25周・40周・75周と全て自己ベストタイムは出ない状況の中で臨んだ別大でした。しかし、距離踏みを意識したことで逞しさが備わったと私は感じました。その結果、前半積極的に攻めての走りで〈当初のタイム設定は21・15〉行き、西大分付近で宮川に追い着かれ先にいかれるも、ラストで追い着き抜いてゴール。たらればで言えば、前半21・15ペースで行けば、後半まだペース維持出来たかなと・・・。でも、途中、足の豆破れて痛み我慢しながら、諦めずサブスリー目指した走りに感服。2分以上自己ベスト。7位入賞。

★宮川3・01・18〈21・24。20・37。20・41。21・21。21・08。21・24。21・43。23・00。9・50〉1・28・49。防府後の練習で足痛めた関係で十分な距離走が出来ない中、思い切ってサブスリー狙いで走る。途中、先を行く佐藤に追い着き抜くも、35K過ぎてスタミナ切れに・・・。でも、意外にも別大初完走。

★高橋3・02・52〈21・12。20・59。20・41。20・21。21・08。21・32。22・16。23・04。10・39〉1・28・49。仕事で管理職になった関係で、中々みんなと練習する機会が無い中、今期は単独で志高30K・トラック75周を実施したり、努力を重ねて臨んだ別大。お正月に単独で75周を2・02・00台で走って、間違いなくサブスリーと思った矢先に、合同で足痛めてその後の練習が出来ない中、頑張って走ったのですが、30K以降スタミナ切れに・・・。

★木畑3・05・45〈22・30。21・38。21・33。21・36。21・40。21・39。22・11。22・35。10・45〉1・32・22。今期は田内何かときっちり練習出来ていたと思うのに、スタートしてから3時間切りは狙っていない走りでした。練習のタイムも、宇都宮より遙かに良いタイムだったのに不思議に思う。もったいない。

★農木3・06・58〈20・19。20・44。20・35。21・14。21・28。22・44。24・30。24・43。10・45〉1・27・33。9月以降、足痛で長期離脱していたので、前半は無謀なペースだったと思います。

★手嶋3・07・52〈21・27。21・10。21・12。21・53。22・10。22・34。23・16。23・44。10・25〉1・30・32。防府で痛めた足の影響で、殆どトラック練習で追い込みが出来ない中の別大。4年振りの別大で、気持ちはワクワク感が有って新鮮さを感じました。レースは、足が悪かったので、22・30から行こうと思ったのですが、心のどこかで3時間切れないこと思ったのが出て、21・15切る感じで走ってしまった。結果、20K以降は徐々にペースダウン。練習は嘘付かない・マラソンは誤魔化しの効かないスポーツと改めて実感。おまけに、20Kから豆破れ・指の爪剥がれる寸前の状態で走る始末。でも、クラブの応援のおかげで完走出来て良かった。

★首藤3・08・38〈22・39。21・46。21・40。21・59。21・49。22・12。22・32。23・54。10・07〉1・32・48。当初23・00から22・30くらいで走る予定だったみたいでしたが、それを耳にして喝を・・・。あれだけ練習で好タイムで走れたのに何の意味があって別大走るのかと・・・。渇が効いたのか?積極的に走り、35K以降はペースダウンしたものの、大幅なダウンせずにゴール。8分近く自己ベスト。昨年の別大のタイムより23分良い。

★藤田3・12・56〈22・04。22・19。22・18。22・56。22・33。22・59。23・28。23・55。10・20〉1・34・32。股関節・お尻の痛み・スポーツ喘息と満身創痍の状態の1年間でしたが、正しくど根性で走り通したレースでした。練習不足の中、後半も大きくペースダウンすること無く走り切った事は凄い根性でした。来期は再びサブスリー復帰目指して。

★大野3・14・31〈20・52。20・54。20・52。21・12。21・28。23・01。26・50。28・03。11・19〉1・28・31。予定通りに快調なペースで走っていたのでしたが、20K以降から膝に違和感が出て、25K付近から針を刺した痛みになり大幅なペースダウンになる。子どもに日頃から、何でも諦めるなと言っていた立場から、痛くて我慢の限界を超えていましたが、その言葉を実践して見せたほろ苦い別大マラソンでした。

☆青木3・19・06〈23・08。23・00。23・10。23・35。23・08。23・27。23・49。24・46。10・53〉1・38・00。7月まで順調な練習でしたが、以降、太もも付近の痛みに悩まされ続けた状況での別大。レースは松浦選手と一緒に走る展開に。ペース指示は4・40目安だったので丁度良い感じの展開になり、後半も大きくペースダウンすることなく走り切ってゴール。初の20切りの自己ベスト。

☆岩本3・20・43〈22・29。22・41。23・01。22・59。23・04。23・53。24・09。26・05。12・22〉1・36・10。調子からして3・15・00切りは可能と判断して、22・30~23・00のタイム設定でしたが、25K付近から足の感覚が麻痺してペースダウンしたとか・・・。フルマラソンは過酷なスポーツ。どんなアクシデントがあるか分かりません。が、そこを我慢して行くのもマラソン。

☆木戸さん3・24・43〈23・16。23・20。23・36。24・11。24・03。24・36。25・29。25・14。10・58〉1・39・36。1月1日の75周まで膝は何とか良かったのでしたが、以降、再び痛めてジョックすら出来ない状況になる。そんな中、温泉のテルマスで歩いたり、室内自転車で漕いだりしながら、別大に臨む事に。土曜に痛み止め注射3本打ってのレース。関門もあるので24・10ペースの指示でしたが、まわりの雰囲気と応援で予定のペースより速く走る展開になるも、途中で痛み止めの薬飲むことをしながらも、超頑張りで見事大分競技場の戻って来た。そんな状況で3・24・00台のタイムはお見事!

以上、クラブ20人全員完走!
 
 
》記事一覧表示

新着順:698/1773 《前のページ | 次のページ》
/1773